2015年12月23日

竿納め

子供の頃に始めた釣りを今でも続けていますが、最近の釣行では釣り終えた時に 「今日も、貧漁だった。」 「今回も、ライバルに負けた。」 など、情けない気持ちにさせられています。
  
情けない気持ちと感じるのであれば、釣りなど止めれば良いはずですが、しばらくすると「今度こそ、良い釣りが出来る」と考え直し、再び釣りに出掛けるのは、下手の横好き人間 なのでしょう。

今年は、1月25日の乗合い船のシロギス釣りがスタ-トとなり、3月には秋川のヤマメ釣りに5回、
大丹波川のニジマス釣りに4回、ハゼ釣りに2回出掛け、計12回の釣行となりました。

横好きにしては、釣行回数が少ないと云われそうですが、釣りに出掛けると貧漁結果となるので、
しばらくは「もう釣りは止めよう。」の気持ちとなりますが、やがて「次回こそ、良い釣りが出来そう。」
との甘い考えが浮かび又出掛けてしまうサイクルが、1ヶ月位で巡って来るためでしょう。

今年の釣りは、1月のシロギス釣りが僅か6匹の貧漁で、3月の秋川ヤマメ釣りも貧漁続きとなり、
大丹波川のニジマス釣りもライバル心を持つ弟に大差をつけられる結果など、ずっと散々の釣果となっていました。

12月1日に大丹波川に釣行し、この時の有り様をブログ記事「釣りは趣味?」で紹介していますが、今年はこの釣りで、竿納め にしようと考えていました。
     「釣りは趣味?」 http://bobtakeda.tamaliver.jp/e415368.html

しかし、12月19日の天気予報で 「明日20日は、日本列島は高気圧に覆われ、無風の好天気。」 と、報道されました。

12月1日の惨めな釣りを 竿納め とするのは残念でしたので、急きょ高橋遊船の乗合いハゼ釣りに参加することにしました。 船宿から15分ほどの航程で、水深8メ-トルの深場で落ちハゼを狙う釣りとなりました。

20日は予報どうりの絶好の釣り日和となり、大船から竿を出しての釣りは少しも寒くなく、のんびりと落ちハゼ釣りの時間を過ごしました。 この日の釣果は良型ハゼが大半の27匹で、横好きの釣り師としては満足できるものでした。

今年の釣りのほとんどが、散々な思いでしたが、20日の釣りは満足できるもので「終わり良ければ、全て良し。」と考え直し、良い竿納め とする事が出来ました。

この日の夕食は、釣ってきた良型ハゼを背開きのテンプラにして美味しく食べ、晩酌を進めながら
来年の釣り計画 をあれこれ頭に巡らせました。

       〈 乗合い船のハゼ釣り 〉                  〈 ボートの釣り人たち 〉


  


  • Posted by ボブ at 12:07Comments(0)釣り・自然遊び

    2015年12月18日

    黄金のアデ-レ

    日比谷のシネマ シャンテで、映画 「黄金のアデ-レ 名画の帰還」 を観てきました。

    先月、日経夕刊の映画評論に、この映画が四つ星 「見逃せない」 の評価で紹介されました。
    この映画は、20世紀初期にクリムトが描いた傑作 「黄金のアデ-レ」 の返還請求の実話が映画化されたもので、是非観ておきたいと思いました。

    是非観ておきたいと思った理由には、クリムトの作品をスクリ-ンで鑑賞してみたい気持ちと、所有の懐中時計のデザインへの疑問を確認したい気持ちがありました。

    欧州の著名な画家たちの中で、クリムトは作品に金箔・銀箔などを多用する作風が変わっていますが、彼が日本の浮世絵の春画の収集を行なっていたり、尾形光琳の琳派の屏風絵などを好んでいたなどから、彼が映画の中でどの場面で登場し、どの様に作品を描いてゆくのか?等を考えながら、
    映画鑑賞に行きました。

    映画は、金箔を棒で持ち上げ刃物でカットする光景でスタ-トし、アデ-レがモデルとして椅子に
    座り、クリムトが作品を仕上げる中で、彼女と短い会話がする場面があり、名画「黄金のアデ-レ」が描かれていた時に、彼女が抱く時代への不安が暗示されていました。
    (ナチスの台頭、第二次大戦、オ-ストリ-併合、ユダヤ人虐待 ホロコ-スト、等など。)

    映画の主人公の一人は、実在したアデ-レの姪のマリア アルトマン で、第二次大戦中にナチスによって接収され、戦後はオ-ストリ-の国の美術館の所有となった「黄金のアデ-レ」を、82歳の
    アルトマン が、叔母の肖像画 を取り戻そうと、オーストリ-政府を訴えます。

    マリア アルトマンを、世界的名女優のヘレン ミレンが見事に演じ、またスト-リ-の結末は感動的で、映画を見終わった感想は、映画評論「見逃せない」の通りでした。

    この映画の英語題名は、「Woman in Gold」と知り、この映画鑑賞のあとで、私の懐中時計コレクションにあるハンプデン懐中時計を「Watch in Gold」と名付けることにしました。

    この懐中時計は、オハイオ州キャントンで1898年に製造されており、クリムトが「黄金のアデ-レ」を完成させたのは1907年でしたので、この時計の地板に施されたデザインは、クリムト絵画の模倣で
    ない事が分かり、今まで抱いていた疑問が解けた次第です。

          〈 映画パンフレットより 〉              〈 絵画 黄金のアデ-レ モノクロ写真 〉












       〈 我が Watch in Gold 直径55ミリ 〉               〈 ムーブメント接写 〉






      


  • Posted by ボブ at 12:12Comments(0)外出

    2015年12月07日

    釣りは趣味?

    他人から「趣味は?」と聞かれた時、子供の頃から親しんできた 釣り が頭に浮かび、いつも 釣り
    趣味の一つに挙げていました。

    ある時、趣味の言葉の定義は?と辞書で調べてみましたら、解説の一つに「楽しみとして、愛好することがら。」 と、ありました。

    この解説を読んでから、「私の釣りは、趣味として挙げられるものか?」と、疑問が湧き出しました。

    子供の頃は、友達と一緒に遊びの一つとして行っていたもので、その後も続けられたのは、釣りは
    狩猟本能を駆り立たせる要素があったからと、思えます。

    今の私が 楽しみとして 釣りを行っているか?と顧みますと、同じ日に釣りを行っていた他の釣り師と比べると、ほとんど私の釣り上げる数は少なく、悔しい・恥ずかしい思いが残ってしまっています。

    例えば、今年一番悔しかった思い出は、私にライバル心を持つ弟と奥多摩の大丹波川マス釣り場に釣行した時(10月8日)で、弟がニジマス19匹 に対し、私は僅か8匹 の惨敗でした。

    また、一番恥ずかしかった思い出は、12月1日に同じ釣り場で、私の隣りに入った老釣り師が見事な腕前で次々と釣り上げるのに、私の方はポツリポツリの釣り上げで、大差の釣果となりました。
    ちなみに、老釣り師がニジマス42匹 の釣果に対し、私は3分の1にもならない12匹 で技量の差を見せつけられ、恥ずかしさ一杯の一日となりました。

    上の様に、私の釣り技量は低く、釣りを楽しみとして行うとしても、難行・苦行・あせりを感じる結果となってしまいます。

    他人から「趣味は?」と聞かれたら、これから「釣りです。」と、言わないようにしなければなりません。

    これからは、下の写真にあるクッションの言葉「早寝して、早起きをし、一日中釣りをして、(大釣りを
    したかのように)ウソを作る。」のような大らかな気持ちを持ち、下手の横好き を通そうと考えます。

           〈 愛用のクッション 40センチ 〉              〈 12月1日の釣果 25センチ大〉






      


  • Posted by ボブ at 11:12Comments(0)釣り・自然遊び