2014年02月25日

ヘンロ小屋 あるき遍路回想

昨年10~11月の通し打ち歩き遍路では、12Kgの荷を背負って、毎日30Km以上を歩いていた。 
朝7時頃に宿を立ち、夕方5時頃に次の宿に入るまでの間に、休憩を適度に取るよう心掛けた。

約90分歩いて10分ほどの休憩と、昼食を取りながらの休憩を基本とし、これらの休憩時にリュックを下ろし座れる場所が見つかると、体を休める事が出来、有り難かった。

座れて休憩出来る場所として、①.篤志家提供の休憩場所 ②.四国八十八ヶ所 ヘンロ小屋プロ
ジェクト
で建てられたヘンロ小屋 ③.お寺(札所)境内のベンチ ④.駅の道の休み処 などがあった。

これらの中で、一番よく利用出来たのが、ヘンロ小屋プロジェクトで出来たヘンロ小屋で、次の札所に向かって歩いて行き、疲労を覚え出した頃の位置に在って、具合よく体を休めることが出来た。

近畿大学教授・建築家の歌一洋さん は、歩き遍路者が
休憩・仮眠出来る小屋の建設プロジェクトを立ち上げ、
敷地提供・木材提供・建設協力・資金寄付など多くの人々から協力を得て、四国八十八ヶ所一円に、ヘンロ小屋建設を推進している。

立ち寄ったヘンロ小屋のそれぞれは、各小屋がテ-マを持ったデザイン・設計らしく、皆異なった姿恰好をしており
目も楽しませてくれた。


炎天下を延々と歩き続け、汗だくになったお遍路にとって、屋根の日除けがあり風通しのよい構造の小屋は、遍路のオアシスだった。

右の写真の日は、激しい雷雨に遭った日で、次々と歩き
遍路者が、この小屋に飛び込んで来て、雨が小降りになるのを待った。この小屋が無ければ、雨宿りを出来ずに歩き続けるより仕方なく、有り難さをより感じた日だった。

左の小屋は、12番焼山寺から13番大日寺に向かう途中にあるヘンロ小屋36号神山

写真の方は、このヘンロ小屋への敷地を提供した農家のサダさん。 スダチの収穫も終わり、87歳のサダさんは
この小屋でお遍路と話をするのが、楽しみだそうだ。

お元気で、目が生き生きとしており、話もしっかりとされ、
私はついつい30分も話をしていた。

「記念に写真を、撮らせて下さい。」と言ったら、手拭被りを外して、私の金剛杖を持ち、にっこりと
笑って下さった。  可愛いサダさん、お元気で長生きして下さい。  


  • Posted by ボブ at 09:50Comments(0)四国あるき遍路

    2014年02月23日

    ロウ梅は見頃です


     ア-カイブ記事      公開 : 2012年2月23日

    4年前に、初めて長瀞 宝登山のロウ梅園を訪れ、この花の美しさと芳香を、知りました。

    ロウ梅は、中国から伝来した花樹で、梅とは別の種類だそうです。
    花(素心、満月など)は黄色で、花びらは薄いロウ紙のようで、可憐です。

    今年、再びロウ梅園を訪れる目的は、見頃時の花見と、苗木を求める為でした。
    ロウ梅は、平地では1月に入ると咲き始めますので、狭い庭に1本植えて、新年に花の香りを楽しみたいと、考えました。 

    2月に入って、宝登山ロウ梅園 を訪れるタイミングを、連日ホ-ムペ-ジで調べていました。
    17日のホ-ムペ-ジで、先週末には見頃になると知り、22日は水泳教室があるため、23日(木)を予定していました。
    昨日朝の天気予報は、23日は一日中雨と伝えましたので、急きょ宝登山ロウバイ園を訪れることに決め、水泳教室は無断で休みました。

    9:30 家をスタ-ト 9:56 所沢駅 特急秩父9号 11:17 御花畑駅発 11:39 長瀞駅着
    11:50 秩父鉄道食事処「有隣」、おっきり込みうどん定食で昼食 12:30 宝登山神社参拝
    1:00 ロ-プウエイで宝登山山頂 → ロウ梅園散策 2:30 ロ-プウエイで下山
     → 長瀞駅を通り過ごし、土産物店街で買い物 3:27 長瀞駅発 5:30 小平駅着

    以上のスケジュ-ルで、のんびりと花見が出来、念願のロウ梅苗木も買えました。
    お昼に食べたおっきり込みうどん定食は、ボリュ-ムたっぷりで、味も美味しいものでした。



    右の写真は、土産物屋街にある豆の大沢屋の看板です。 煮豆が人気で大勢のお客が並び、競ってたくさん買っていました。

    大沢屋を訪れている客は、煮豆の試食に目が
    行って、この看板に気付く人は少ないようです。






    ロウ梅園では、下の東園が4~5分咲き、西園が8分咲きで、今週末が本当の見頃です

    ロウ梅の他に、山の斜面に福寿草があちこちで咲いており、ミツマタとマンサクの花も満開です。

    下の普通の梅の梅園は、まだ蕾は固く、当分
    咲きそうな気配はありません。




    と、言うことで、水前3班の水泳教室を、無断で休みました。(皆さん、ごめんなさい。)

    追記 : 2014年2月23日
    今年、再び宝登山ノロウバイ見物を考えていましたが、先週の記録的大雪で、見頃はまだ先となって
    しまいました。 代わりに、スパリゾ-ト ハワイアンズで温泉・フラダンスショ-等を、楽しんでこようと
    計画しています。  


  • Posted by ボブ at 12:07Comments(0)外出

    2014年02月19日

    注意/警告 あるき遍路回想

    歩き遍路を通して、長い道のりを歩く中、多くの注意/警告の標識類を、見ることになった。
    それらを見て、気を付けて歩かねばと思ったものだが、四国ならではのものや、お遍路に向けての
    注意などもあった。

    1.マムシに注意
    始めに見て驚いたのは、マムシに注意!の立札・吊るし札で、その後、
    数え切れずの数を、見ることになった。

    特に、旧遍路道や山道にはマムシ注意!の立札・吊るし札が多くあり、近くの道路で車に轢かれた蛇を、10匹以上も見ている。


    生きたマムシにも、何度か出遭った。注意札を見て、気を付けて歩いていると、何か動くものが居て、
    立ち止まり目を凝らして見るとマムシと分かり、たいがい相手が先に草むらへと隠れていった。
    この様な時に、金剛杖 を持ち歩いていることで、随分と気強くいられたものだった。

    2.イノシシに注意

    イノシシの出没は、日本各地のニュ-スで伝えられているが、特に旧遍路道にはイノシシに注意!の看板が、あちこちに立っていた。  歩き遍路者の中には、昼間でもイノシシを目撃した人もいて、
    ばったり出遭わさないようにと願い、歩いていた。

    85番八栗寺に上る旧遍路道では、店のオバサンが「夕方になると、イノシシがゾロゾロ出てくるから、グズグズ歩いていないほうがいいよ。 なにしろ、ここはイノシシ銀座なんだから。」と、真面目に
    注意してくれたのを、思い出す。

    3.強風に注意
    高知県に入って、強風への警告表示をかなり多く見た。 この表示では、強風で車が半分浮き上がっており、少しオ-バ-ではと思った。
    10月17日、30番善楽寺をお詣りした後に、台風21号の影響で風雨が強くなり、傘・菅笠が使えなくなり、ゴアテックスの雨着を雨が染み透り、
    全身ずぶ濡れとなってしまった。

    翌日、風雨は弱まっており、傘をさし歩き出したら、瞬間の強風に傘のカ-ボンファイバ-製の骨がバッキン!と大きな音と共に、折れてしまった。 強風警告を甘くみた私を、反省させるものだった。

    4.カニ に注意

    徳島県美波町の道路沿いにあった標識は、カニ に注意!だった。
    普段は山に住み、産卵期に海に向かい道路を横切る赤手ガニの保護のため、設置されていると教わった。

    マムシ・イノシシでオビヤカサレていた私は、この標識を見て心が和ま
    された。


    5.勧誘に注意
             『告』
    「最近この街道で、新興宗教への勧誘をしつっこく繰り返し、お遍路さんに付きまとう者がいます。 無視するのが一番です。」 ヘンロ仲間より

    悩みを抱える人・心が弱っている人たちを、食い物として狙う連中が居ることを教えており、マムシ・イノシシ以上に恐ろしい存在と思った。

    この他にも、別のたぐいの注意/警告の標識を写真に撮ってあり、これらは見知らぬ土地を歩いた思い出となっている。


      


  • Posted by ボブ at 09:40Comments(0)四国あるき遍路

    2014年02月10日

    道しるべ札 あるき遍路回想

    普通の遍路道の要所要所には、お遍路が道を間違えないように、道しるべ があり、助けられた。

    一方で、草木がうっそうとする山中の狭い旧遍路道には、道しるべ札 が使われていた。
    ハガキ大で少し長目サイズの白板に、赤い字で 遍路道 または へんろ道 と書かれ、歩く人の目の
    高さより少し上の位置に、木の枝に結ばれていた。

    草木が多い山道では、丈の低い石碑や立札は、伸び育つ草木に隠れてしまいがちで、木の枝に
    吊るされた 道しるべ札 は分かり易い。
    険しい道脇に吊るされた 道しるべ札 には、遍路道を示すだけでなく、お遍路を励ましたり、教訓するもの等があった。

    11番藤井寺から12番焼山寺に向かう旧遍路道は、アップダゥンが長く続く厳しい山道で、脚力の
    弱い人達が、ここで遍路歩きを断念しがちなため、遍路転がし の名前がついている。
    藤井寺から進むと、「遍路転がし1/6」の標識が出て険しい道へと変わり、じきに息は荒くなり額に玉の汗が噴き出てきた。 これから先、この苦しい道がどれほど続くのかと思い歩き続けていると、
    道しるべ札がんばって下さい 」が目に入ってきた。 足を止め、この「がんばって下さい」の言葉
    に、優しい女性からの応援を感じ、気を奮い立たせ、再び歩みを続ける事が出来ていた。

    その後に続く道しるべ札には、様々な言葉が書かれており、それらの言葉を読むと心が軽くなり、
    険しい遍路道を一歩一歩進む事が出来た。 

    ・はげまし型 … 「がんばって下さい」、「頑張って」、「頑張れ!」、「進むのみ」、「大和魂
    ・教訓型 … 「辛い?それが人生」、「遍路即ち人生」、「心を洗う遍路道」、「艱難汝を玉にす」 
    ・祈り型 … 「南無大師遍照金剛」、「合掌」、「同行二人

    これらの言葉を思い出すと、あの旧遍路道の歩きが、懐かしく思い出されてくる。 (合掌)



      


  • Posted by ボブ at 10:14Comments(0)四国あるき遍路

    2014年02月04日

    Bon Voyage !

    一昨年に、四国一周のあるき遍路を行い、46日間も非日常の生活を、楽しむことが出来ました。

    毎日の生活に飽きている訳ではありませんが、体力・気力がある内に長旅に出る事で、非日常の
    時間を過ごしながら思い出作りが出来れば、生き甲斐にもつながります。

    今度の計画は、船旅での地球一周 ですが、こちらは3ヶ月余りの非日常の時間を過ごす旅と
    なりそうです。

    テ-マ記事 引出し に、「船旅 地球一周」を加え、関連する出来事を記事公開し、ボブのブログに思い出を記録してゆくつもりです。

    Bon Voyage ! は、「良い船旅を!」と、船出する人に云う言葉ですが、「テ-マ記事 引出し」の新テ-マ に向けて、使っています。
      


  • Posted by ボブ at 18:31Comments(1)船旅 地球一周

    2014年02月04日

    オルゴ-ルの紹介 その1

                         ア-カイブ記事         公開 : 2013年2月3日



    蚤の市で見つけた、可愛いい玩具オルゴ-ルで、高さは18センチです。

    箱の正面の円盤(人形横向き)が巻きカギで、
    カギを巻くとジングルベルの曲 を奏でながら、
    円盤と上にある人形が回ります。

    以前の公開記事「オルゴ-ル 動画紹介」に、入れてあります。



    オルゴ-ルの小さなム-ブメント(動作機構)は、部品点数も少なく、簡単な構造です。 特色は、
    強いゼンマイが入った一番車(モ-タ-)の回転力です。 この回転力が、シリンダ-(円筒)を回し、そこに植わったピンが、ピアノの鍵盤の役目をする櫛歯を弾いて、メロデイを奏でます。


    玩具オルゴ-ルは、この強い回転力を利用し、オルゴ-ル本体を回らせたり、一部を回らせる工夫をしており、主に使われるのはゼンマイの 巻きカギです。

    写真の上は、カギをプロペラに変えています。

    中央は、カギをオルゴ-ルの台座と兼用させています。
    一番下が、オルゴ-ルの普通の巻きカギです。




    カギを台座と兼用したオルゴ-ルです。
    ゼンマイを巻き、ストップレバ-を動かしますと、二羽の白鳥が回り、「白鳥の湖」のメロデイを  奏でます。

    白鳥はブロンズの鋳物で出来ており、全体の 高さは14Cm、直径9Cmです。






    銅版と針金を使って、ラフに複葉飛行機が   形作られています。

    このプロペラが巻き鍵で、ゼンマイを巻きますと、「80日間世界 一周」のメロディを奏で   ながら、プロペラが回ります。

    高さ15Cm、長さ23Cmで、少しかさ張ります。



    これら集めた玩具オルゴ-ルを、部屋のあちこちに飾り置くと、楽しいものです。


      


  • Posted by ボブ at 09:27Comments(0)オルゴ-ル