2018年01月11日

歩け歩けの集い

平成30年初めての日曜日(1月7日)に行われました、小平市主催の 新春歩け歩けの集い に、
今年も参加してきました。

9時過ぎ家を出て集合時間前に小平市役所前に着き、手続きを済ませますと、9時30分より市長の挨拶を皮切りに、「第38回 新春 歩け歩けのつどい」の式典がスタ-トしました。

この式典の中で、ウォ-キング イベントへの参加記録者が表彰されますが、今回 は80回・50回
参加の二人が、記念品を市長より手渡せられました。

参加者の中での最高齢者は、式典檀上に呼ばれた91歳の男性で、参加者全員からの拍手を受け、嬉しそうでした。

15分ほどの式典の後、競技用ピストルの号砲のもと、今年は西コ-スを歩き始めました。
天候は時おり北風の薄日でしたが、歩いて暑さを感じずに済み、中間点の きつねっぱら公園
甘酒・菓子類の接待があり、休憩とエネルギ-補給が出来、後半の道を元気よく歩き通せました。

歩いた距離は8Kmとの事ですが、今回も2時間掛からずに、11時30分頃に市役所のゴ-ルに辿り着く事が出来ました。

家に戻り、式典で紹介された91歳の最高齢者の参加を思い出し、最近言われるようになりました
人生百年時代」は実際に来るように思えてきて、天寿は分かりませんが、百歳まで生きる覚悟で
この先を過ごさねばと、心を新たにした次第です。

早速、近所の書店に行き、「百歳人生を生きるヒント」(五木寛之)を購入し読みますと、かなりの
覚悟を持って百歳までの準備をしなければならない事に、気付かされました。

一方で、本の中に「70代は、人生の黄金期」の章があり、元気付けられもしました。

       〈 歩け歩けの集い 式典 〉               〈 中間点での甘酒サ-ビス 〉










         〈 竹内家の大ケヤキ 〉               〈 読んだ 五木寛之さんの本 〉






  


  • Posted by ボブ at 15:41Comments(0)ウォ-キング

    2017年09月17日

    昼ベロ酒場探訪 5

    昨日(9月16日・土)、 買い物用事で新宿から池袋と、回りました。

    買い物の後、久しぶりに 昼ベロ酒場の探訪 をと考え、池袋の 居酒屋 八丈島 と決めていました。

    1時半過ぎ頃に、JR 池袋駅西口から歩いて直ぐのロマンス通りに、 居酒屋 八丈島 を見つけ、
    入口の戸を開けると店内は満席で、1人の席も空いていないと、断られてしまいました。

    仕方なく、駅に向かっていると、 喰い処 酒処 若大将 の看板が目に留まり、入口のそばの看板に 全て1品345円 とあり興味を引かれ、今回の 昼ベロ酒場探訪 は、この店としました。

    先客は、カウンタ-に3名と奥のテ-ブル席に3~4人のグル-プだけで、閑散としていました。

    店員は中国人女性が2~3人で、注文取り・調理・運び・会計を行っていました。

    生ビ-ルと焼き鳥を頼み、昼ベロをスタ-トさせ、入口のガラスの先に見える通行人を眺めながら、時おりメニュ-の品書きを見ては、酒の肴を追加注文し、飲み物は日本酒に切り替えました。

    鳥皮のから揚げ とはどんな物か?と追加注文し、店内から通行人の動きを眺めながら、何回か
    お替りした日本酒を舐めていましたら、厨房に立っていた店員の姿が消えてしまいました。

    気が付くと、中国人の店員2人が厨房に座って小声でおしゃべりをしており、30分以上この状態が
    続きました。 手元の酒が無くなり、頼んだ 鳥皮のから揚げ も運ばれてこずで、ひどい店に入った
    と後悔を始めたころ、別の店員が奥から現れ、ようやく酒の追加と注文品の催促が出来ました。

    この店員が 「トリカワノ カラアゲ マダカ?」と、厨房に向かって声を掛けたところ、1人が厨房から
    立ち上がりました。

    「ゴメン ゴメン。 リョウリ シテイタケド ワスレテタ。 クロクナッタカラ モウイチド ツクル。 マッテネ。」と、たどたどしい日本語で答えました。

    ここの店員は、油を高温にし火を使う料理から目を離していたもので、万が一 油に引火したらどう
    なるのか?を教えられていないようで、恐ろしさを感じたものでした。

    この店には二度と足を運びませんが、庶民の味方 昼ベロ酒場 の一つが、低質な店員の不注意に
    よる火災・食中毒などを起こさないように願ったものでした。

          〈 居酒屋 八丈島 入れず 〉               〈 喰い処 酒処 若大将 〉











          〈 喫煙 カウンタ-席 〉                  〈 レトロな店内 〉








      


  • Posted by ボブ at 15:54Comments(0)ウォ-キング

    2017年04月19日

    グリ-ンロ-ド 一周歩き

    4月16日(日)に、小平市主催の 小平グリ-ンロ-ド歩こう会 に参加し、21Kmを完歩出来ました。

    9時過ぎに、小平駅南口のチェックポイントで参加手続きを行い、時計の針周りで歩き出しました。

    天気に恵まれ、歩きだすとアジサイ公園では、まだ咲き残ったソメイヨシノから花びらがハラハラと
    散り落ちており、朝の陽光にピンクの花びら映え、感動の美しさでした。

    この先々で同じ光景が見られましたが、少し風が吹くと桜吹雪となり更に目を楽しませてくれました。

    花小金井駅南口前の 御衣黄桜 は、すでに開花していましたが、咲き出したばかりの花の色は
    緑で、遠くからは若葉の色に溶け込んでしまい、花が咲いているようには見えないものでした。

    昨年の参加時には、ソメイヨシノの花は散り終わっており、御衣黄桜の花は緑色から芯にエンジ色が出ていました。

    更に進み、小金井公園では、 桜の園 を通り抜け、ここでは多くの種類の桜木が植えられており、
    開花時期が異なるそれぞれの木の花の咲き具合を、時間をかけ観賞出来ました。

    この時期に行われる グリ-ンロ-ド歩こう会 に参加し歩くと、歩く道筋の草木の若葉が目に優しく、それらの草木の花が美しく目に入り、長い距離を歩きましても、楽しい気分で疲れを感じません。

    春の季節を満喫しながら、のんびりと歩き、途中で手作りの弁当を美味しく食べ、小平駅南口チェックポイントに3時に着き、無事に一周を終え、家には3時少し過ぎに戻れました。

        〈 アジサイ公園のソメイヨシノ 〉                〈 御衣黄桜の緑色の花と葉 〉











          〈 昨年撮影の御衣黄桜 〉               〈 玉川上水に多く咲くニリンソウ 〉



      


  • Posted by ボブ at 10:29Comments(0)ウォ-キング

    2015年04月12日

    花見の歩き

                        ア-カイブ記事      公開 : 2014年4月21日

    昨日(20日)の「グリ-ンロ-ド歩こう会」 に参加し、21Kmを4時間半で完歩出来ました。 肌寒い曇り空でしたが、歩いても汗を掻かずに済み、今回は今までにない楽な歩きとなりました。

    四月にグリ-ンロ-ドを歩くと、芽吹いた木々の若葉の緑が目に優しく、歩く道々に多くの草木が花を咲かせており、目を楽しませてくれます。

    今回のウォ-キングでも、歩く道筋に八重咲き桜・ハナミズキ・藤・ヤマブキ・二輪草などが、今一番とばかりに咲いていました。

    一月前に開花したソメイヨシノは葉桜となり、今は八重咲きの桜が艶やかに咲いており、グリ-ン
    ロ-ド一周ウォ-キングに毎年参加している私は、途中で珍しい桜を見歩くのも楽しみの一つです。

    今年も、御衣黄桜(ギョイコウ桜)・駿河台匂桜(スルガダイニオイ桜)・ウコン桜 などを、通りながら
    見て歩き、どれも満開の良い状態で鑑賞出来ました。

    御衣黄桜(花小金井駅前)は、開花の時に緑色だった花が、黄緑色 → 黄色 → 中心部が筋状に赤と変わりますが、昨日は筋状に赤色が出ており、艶やかな花となっていました。
     (咲きだした頃の花は緑色ですので、葉の緑に重なって、見栄えがしないものです。)

    駿河台匂桜(小金井公園)は、匂い桜の中で特に香りが高い桜だそうで、満開の木の辺りは芳香に満たされており、鼻も楽しめました。

    ウコン桜 (小金井公園 桜の園)は、唯一黄色の花が咲く桜だそうで、ウコン色の花からウコン桜と
    名付けられたそうです。 この木はまだ若く、これから先に見事なウコン色の花を咲かせる桜木に育って欲しいものです。

    小金井公園の桜の園を通り抜け、玉川上水沿いの道を進むと、所々に群生した二輪草 が白い花を盛んに咲かせていました。 桜の花の見物で顔を上げっぱなしでしたので、地面に咲く花の鑑賞は、首休めとなりました。

               〈 御衣黄桜 〉           〈 手前が駿河台匂桜 〉
     










       〈 ウコン桜 ウコン色が未だ出ていない。 〉

     追記 : 2015年4月6日
    次の日曜日(4月19日)に、グリンロ-ド歩こう会が行われます。
    私は毎回参加していますが、花小金井駅南口に
    植えられている御衣黄桜の花色の変化を確認するのが、花見歩き の楽しみの一つです。



      


  • Posted by ボブ at 10:55Comments(0)ウォ-キング

    2014年04月21日

    花見の歩き

    昨日(20日)の「グリ-ンロ-ド歩こう会」 に参加し、21Kmを4時間半で完歩出来ました。 肌寒い曇り空でしたが、歩いても汗を掻かずに済み、今回は今までにない楽な歩きとなりました。

    四月にグリ-ンロ-ドを歩くと、芽吹いた木々の若葉の緑が目に優しく、歩く道々に多くの草木が花を咲かせており、目を楽しませてくれます。

    今回のウォ-キングでも、歩く道筋に八重咲き桜・ハナミズキ・藤・ヤマブキ・二輪草などが、今一番とばかりに咲いていました。

    一月前に開花したソメイヨシノは葉桜となり、今は八重咲きの桜が艶やかに咲いており、グリ-ン
    ロ-ド一周ウォ-キングに毎年参加している私は、途中で珍しい桜を見歩くのも楽しみの一つです。

    今年も、御衣黄桜(ギョイコウ桜)・駿河台匂桜(スルガダイニオイ桜)・ウコン桜 などを、通りながら
    見て歩き、どれも満開の良い状態で鑑賞出来ました。

    御衣黄桜(花小金井駅前)は、開花の時に緑色だった花が、黄緑色 → 黄色 → 中心部が筋状に赤と変わりますが、昨日は筋状に赤色が出ており、艶やかな花となっていました。
     (咲きだした頃の花は緑色ですので、葉の緑に重なって、見栄えがしないものです。)

    駿河台匂桜(小金井公園)は、匂い桜の中で特に香りが高い桜だそうで、満開の木の辺りは芳香に満たされており、鼻も楽しめました。

    ウコン桜 (小金井公園 桜の園)は、唯一黄色の花が咲く桜だそうで、ウコン色の花からウコン桜と
    名付けられたそうです。 この木はまだ若く、これから先に見事なウコン色の花を咲かせる桜木に育って欲しいものです。

    小金井公園の桜の園を通り抜け、玉川上水沿いの道を進むと、所々に群生した二輪草 が白い花を盛んに咲かせていました。 桜の花の見物で顔を上げっぱなしでしたので、地面に咲く花の鑑賞は、首休めとなりました。

               〈 御衣黄桜 〉        〈 手前が駿河台匂桜 〉
     










       〈 ウコン桜 ウコン色が未だ出ていない。 〉



      


  • Posted by ボブ at 11:44Comments(0)ウォ-キング

    2014年04月16日

    小平グリ-ンロ-ド歩こう会

                          
    次の日曜日4月20日に、小平市が主催する「 小平グリ-ンロ-ド歩こう会 」が、行われます。
    私は、春盛りの時節に小平グリ-ンロ-ドの一周を歩く、このイベントが好きで、毎年の参加です。

    小平グリ-ンロ-ドは、狭山・境緑道野火止用水玉川上水都立
    小金井公園
    を通り、一周すると 21Km の道で、「美しい日本の歩きたくなる
    みち500選
    」に選ばれており、小平の誇りと言えます。

    この道を小平の誇りと述べましたが、実際は一周する道には、東村山市・
    小金井市・東大和市を通らせてもらう箇所があり、それらを含めての小平グリ-ンロ-ドです。

    この「小平グリ-ンロ-ド歩こう会」は、誰でも参加出来、7ヶ所あるチェックポイントのどちらかで
    参加の受付けを済ませ、自分の好きな回り方(右回りか、左回り。)で歩きます。

    私は家から近い小平駅南口で受付けを済ませ、左回りで歩き出しますと、すぐに萩山町で、さっそく東村山市を通らせてもらうことになります。

    右回りで歩きますと、花小金井駅南口が最初のチェックポイントです。
    スタンプを押してもらい、更に東に向かって10分ほど歩くと、右手に天然温泉おふろの王様があり、
    ここから下り坂 ~ 平坦道 ~ 登り坂(馬の背 の横道)となり、この途中で小平グリ-ンロ-ドは右に曲がることになり、狭山・境緑道(多摩湖自転車道)から分かれます。
    この右折ポイントには、道標とグリ-ンロ-ド絵地図があるので、見逃すことはないと思いますが、
    私の動画「小平馬の背」に道標が出てきますので、紹介します。

    この右折で小金井市を通らせてもらう事になり、小金井公園を抜ける時は、道でない所を歩いても
    良い事になっており、鷹揚さもある小平グリ-ンロ-ドです。

    小平グリ-ンロ-ドが、隣りの市にも入り込んでいると、余計な事を述べているかのようですが、
    心は、そのお隣りの市民に、「美しい日本のあるきたくなるみち500選」に認定されている素晴らしい
    道を知って頂き、共に歩いて頂けたらとの思いです。


         
      


  • Posted by ボブ at 10:25Comments(0)ウォ-キング

    2013年08月04日

    老いでの誤解

                           ア-カイブ記事        公開 : 2012年8月8日

    今年に入って、駅の階段の上り下りに、かったるさを感じるようになり、私の体にも着実に老いが来て
    いると、思うようになりました。

    1日1万歩ウォ-キングを年間行動に課し、4年連続で達成中で、エスカレ-タ-類の使用は避けて来ましたが、しんどさや息切れを感じるならば、無理をせずに早目に楽な設備のお世話になろうと、考えたりもしました。

    一方で、今年前半に計画していた四国巡礼は、3月末に義兄の永眠が起き、延期せざるを得ません
    でしたが、今年中に行おうと、先月行われた旅行会社の説明会に参加しました。
    説明の中に、私が予定している歩き遍路 (1400 Kmを、乗り物を使わずに、巡礼する。)の難所の幾つかが、紹介されました。
    スタ-トしてすぐの、11番寺~12番寺の間の約17Kmもある山道は、俗にへんろ転がしと呼ばれ、
    ここで挫折する者が多いと、教えてくれました。

    駅の階段の上り下りで、かったるさを感じ出した私は、へんろ転がしの話を聞き、歩き遍路はとても
    無理と感じましたが、多くの人に私の歩きでの四国巡礼チャレンジ を話しており、何もせずに楽に
    行えるバス遍路には変えられないと、考え直しました。

    説明会の中で、対策として事前に1日10Kmは歩き、時々山歩きも行い体力作りをしておくよう、
    アドバイスがありました。 早速に、秩父と奥多摩の初級者向けの山を選び、7月より山歩きを始め、既に3回行っています。

    第1回目は、西吾野の高山不動を訪れましたが、体を持ち上げて行く登りでは、「ハ-ハ-、ゼィゼィ …。」と息苦しく全身汗だくとなり、なんとか頂上に辿り着いたものの疲労困憊で、かなり休息の時間を取ってから下山したものでした。 翌日は、体中の痛みとだるさで、一日中ぐったりと過ごしました。

    この体中の痛みとだるさが無くなった後で、駅の階段を上り下りしたところ、かったるさは全く感じず、楽々と階段を弾むように上り下り出来ていました。 この体験から、2・3回目の山歩き行きとなり、
    心持ち体力が増した気がしています。

    分かった事として、普段何もしないで過ごしていれば、誰でも筋力は落ちて行くもので、それを老いと誤解し何もせずにいれば、より速く老いの坂を下り、弱い老人になってしまう道理です。

    「老いて、ますます盛ん。」とは、「老いて、ますます盛んに、運動せよ」の言葉と、知りました。

           〈 高水山 山頂 〉                  〈 岩茸石山 山頂 〉


    追記 : 2013年8月4日
    四国あるき遍路への準備として、昨年の夏は秩父と奥多摩の山歩きに計6回 出掛け、汗だくで歩き足腰の強化が出来ました。
    お蔭で、お遍路転がしは難所と感じずに歩け、乗り物を一切使わない四国一周巡礼を、無事に結願 出来ました。
      


  • Posted by ボブ at 12:19Comments(0)ウォ-キング