2017年12月17日

惚け予防で将棋 

物忘れが多くなり、人の名前が思い出せないなど、年相応に認知機能の劣化を、実感しています。
そのままでは、日々の生活に支障が出たり、早々と要介護の身になりそうでした。

将棋は惚け防止に役立つのではと考え、昨年4月から、国立NHK学園オ-プンスク-ルの将棋講座を受け、将棋の勉強を始めています。

講座は金曜日10時に始まり、1時間の講義のあと20分間の休憩があり、その後は講師が決める
手合わせ相手との対局があり、その勝敗結果は記録されます。

講師は、元アマチュア日本一の 日本将棋連盟 師範・6段の 内田昭吉先生 です。

毎回の講座では、定跡・手筋・詰将棋・次の一手・プロ棋士の対局棋譜・受講者の対局内容への指導などが大盤で解説され、中身が濃い教えです。

受講者同士の対局では、棋力に応じてのハンディキャップが付いた対戦となり、対戦記録が6連勝(級クラス) 8連勝(段クラス)等となると、昇級・昇段と認定されます。

昨年4月に受講を始めた私は、テスト手合わせの結果で2級でスタ-トし、半年後に1級に昇級となりました。 受講者の多くは長年続けている猛者揃いで、ハンディキャップを貰っても負けの多い成績が続きました。

今年10月に入り、落ち着いて指すように心がけますとポカ・ミスが減り、また手合わせの組合わせも良かったためか、勝ちが続くようになり、11勝3敗の成績から、私は初段の認定を受けました。

20ヶ月の時間が流れ、この間に低いレベルながら昇級・昇段が出来ましたことは、惚け防止が
出来ているように思えています。
また、将棋講座を続けていましたら、他の将棋同好会への誘いがあり、 入会しますと通常の対局
活動の他に、将棋合宿・飲み会などもあり、それらへの参加は楽しいものとなりました。

ちなみに、今年は将棋関係の忘年会が3回もあって、将棋の勉強を始めたのは正解だったと思っています。 ( 実のところ、初段認定より、忘年会3回のほうが嬉しい私なのです。)

       〈 自宅で駒ならべ 〉


  


  • Posted by ボブ at 10:16Comments(0)雑記

    2017年12月08日

    クルミ割り

    11月の甲~信州の旅で、その土地ならではの土産として、イナゴの佃煮・沢クルミを買いました。

    イナゴの佃煮は昼神温泉の朝市で見つけ、露店のオジサンの「小学生が採ったイナゴだよ。」の言葉で、迷わず買いました。

    以前に土産として頂き食べた事があり、美味しい食べ物と思っており、帰宅後に早速におかずとして食べました。 イナゴは姿そのものが調理され、甘い味付けの甘露煮は、パリパリとした食感もあり、やはり美味しい食べ物でした。

    沢クルミは、妻籠宿の店に「自家採りクルミ」と並べられており、木の実類が好きな私は、こちらも
    迷わずに買い求めました。
    帰宅して晩酌時に早速に食べようと、カニの足割り を使い殻を割ろうと試みましたが、硬くまったく
    割れる気配がありませんでした。 渾身の力を込めましたら、ボキッと音がしてカニの足割り の柄が折れてしまいました。

    その日に沢クルミを食べることは諦め、翌日に新宿の東急ハンズに行きますと、食器売り場に各種の
    クルミ割り具が並んでおり、丈夫そうな クルミ割り具 を選び買いました。
    説明書を読むと、クルミの実を2日間ほど水に浸し、その後に乾煎りする手順が必要と分かりました。

    沢クルミを買ってから、4日後にようやく食べることが出来ましたが、このクルミの実は市販の物では味わえない美味しい物で、晩酌をしながらバリバリと割っては食べ、割っては食べを繰り返しました。

    翌朝リビングを見ましたら、クルミの細かい殻がフロア一面に飛び散っており、朝早々に家人から
    叱らました。
    クルミの栄養などを調べてみようと、ネットで探しましたら、クルミには22の効能・効果があるとの
    記事を見つけました。 これからは、家人に叱られることを恐れずに、健康のためにクルミ割りを
    続けるつもりです。

    殻付きクルミの補充は、角上魚類の隣りのベルジェで買えることが、分かっています。

    *クルミが持つ効能・効果 http://walnutsbenefits.com/

       〈 土産のイナゴ佃煮とクルミ一部 〉          〈 折れたカニ足割り・新調のクルミ割り具 〉

      


  • Posted by ボブ at 07:10Comments(0)食べ物