2016年01月31日

太陽の恵み

今日1月31日(日)は、久しぶりにお日様が現れ、明るい太陽の有り難さを感じています。

大寒の今頃、毎年 千葉鴨川に住む弟からサヨリの干物 が届いており、楽しみにしています。
弟は釣った新鮮なサヨリを、程よい塩加減で半乾きほどの天日干しにしたサヨリの干物 としており、これを軽く焼き、マヨネ-ズをちょっと付けて食べると、実に美味しいものです。

1月25(月)に、待ち望んでいたサヨリの干物 がどっさり届きましたが、お礼の電話口の弟は「天気が良くないと、サヨリ釣りに出掛けられないし、干物用に処理しても晴れた良い天気でないと、美味しい干物にならない。」と言っておりました。 太陽の恵み、そのものです。

翌日、家の中で突然「キィ-ン。」という高い音が鳴り、太陽光発電のモニタ-からと分かりました。
モニタ-のパネルには「画面を触れて下さい。」とあり、パネルをタッチすると「22,000Kw/h達成
おめでとうございます。」とメッセ-ジが現れ、続いて お祝いの花火 が打ち上がりました。

今から5年前の今頃、家の建て替えを行っており、4月中旬に完成した家の屋根に設置した太陽光
パネルが発電を、始めていました。
22,000KW/h は、それ以来の累計ですが、この発電実績は日照如何ですので、こちらは正に
太陽の恵みに因るものです。

サヨリの干物 が届いてから、晩酌の酒の肴として楽しんでいますが、花火の打ち上がりからは、二つの太陽の恵みに感謝しながら「あしたも、天気になぁれ!」と、念じながらの晩酌となっています。

 〈 サヨリ干物の一部、頭を取って20センチ 〉            〈 打ちあがったお祝い花火 〉



  


  • Posted by ボブ at 11:10Comments(0)雑記食べ物

    2016年01月19日

    雪中花

    一昨日(1月17日)、ボブのブログで「 長持ちの日本水仙 」記事を公開し、昨年12月下旬から咲き始めた花が、何時まで咲き続けているのか?と楽しみに考えていました。

    翌朝(18日)目覚めると、小平の外一面が雪景色となっており、日本水仙の花の上に積もった湿った雪は、ほとんどの花の茎を折ってしまっていました。

    残念に思いながら、花の茎の折れた部分から切り取り、家の中に持ち込み花瓶に差してみました。

    すると、リビングル-ムが得も言われぬ芳香に満たされ、この部屋を出入りする度に、「なんと良い
    香り!」と、幸せな気分にさせてくれています。

    和水仙の別名を 雪中花 と呼ぶことを、3年前に訪れた千葉県きょなん町江月水仙ロ-ドの案内で知りました。 この時は、「あまり雪が降らない房総に、似合わない名前だな。」と思っていました。

    今回の雪で、ほとんどの花の茎が折れてしまいましたので、雪中花との名付けは? と新たな疑問が湧き出しました。

    ことによると、雪によって花茎が折られた時に切り取り、部屋で鑑賞する日本水仙の花を、雪中花と呼ぶのでは?と勝手に考え出しました。

    雪中花 http://www.hana300.com/suisen.html

           〈 日本水仙の花束 〉                    〈 窓の外は、残雪の景色 〉


      


  • Posted by ボブ at 10:40Comments(0)植物・園芸

    2016年01月17日

    長持ちの日本水仙

    3年前の1月18~19日、日本水仙群生で日本一と云われる、千葉県きょなん町を訪れています。
    この時の目的は、江月水仙ロ-ド を中心に行われていた水仙まつりの見物で、その見聞を ボブのブログ に「水仙まつり」 の記事で公開しています。

    「水仙まつり」の記事 http://bobtakeda.tamaliver.jp/e374598.html

    あの際に、花を付けていた日本水仙の鉢植えを、土産として買ってきました。
    土産物売り場のオジサンからは、「今、花が咲いているけど、次は3年後にしか花を付けないよ。」
    と、云合われていました。 
    その花後に日当たりの良い場所に地植えとし、昨年6月になってようやく堀り上げてみると、大きな
    球根に育っており、3個だった球根は12個に増えていました。

    昨年10月に、それらの球根を大き目の鉢に植付けると、すぐに芽を出しスクスクと育ち、12月下旬に入ると花を咲かせ始めました。

    お正月の間は花を咲き続けて欲しいと思っていましたが、それどころか、咲き始めてから3週間が
    過ぎているのに、まだまだ見頃が続き、芳香もかぎ取れます。 

    まだ咲き続けている日本水仙の花をながめ、3年前に書いた「水仙まつり」の記事をを読み返しますと、あの小さな旅での楽しさが頭に蘇り、また何処かへ花見の旅に、出掛けたくなってきました。

        〈 咲き続ける日本水仙 高さ60センチ 〉            〈 もう一鉢の日本水仙 〉


      


  • Posted by ボブ at 10:33Comments(0)植物・園芸

    2016年01月12日

    メダルの夢

    10日(日)、小平市体育協会主催の 新春歩け歩けのつどい に、例年通り参加してきました。

    今回のイベントを含め、小平市体育協会が主催するウォ-キング大会では、初回の参加時に記録証(台紙)が貰え、ウォ-キングに参加する度に参加シ-ルが渡されます。

    この参加シ-ルを記録証に貼ってゆくと、ウォ-キング参加の累計数が分かるようになっています。

    記録証には10枚の参加シ-ルを貼る事が出来、10枚に達すると、節目として表彰の記念メダルが授けられます。 10回目 銅メダル20回目 銀メダル30回目 金メダルなど、参加を続ける人たちには嬉しい目標となっています。

    9時30分前に市役所正面玄関前に着き、参加手続きを行い記録証を提示しますと 「20回達成
    おめでとうございます。 別のコ-ナ-で 表彰の銀メダル を差し上げます。」 と云われました。 
    記録証に貼ったシ-ル数を気にしていませんでしたので、この様に云われ20回に気付きました。

    表彰品を受け取り、式典の後で歩き出し、8Km弱の西コ-スを参加者約650名共に楽しく歩き、
    今年も完歩出来ました。

    家に戻り、頂いた表彰品の包装を外すと、想像以上に立派な銀メダルが現れました。 
    10回目で授かった銅メダルは、オモチャの類に感じていましたが、今回の銀メダルは立派な物で、
    今までの人生で授かった初めての本物のメダルと思え、嬉しくなりました。

    最初のウォ-キング参加は平成18年4月でしたので、10年掛けて20回目の達成となりました。

    これからも、ウォ-キングのイベントに参加を続けますと、次は金メダルとなります。
    授かった時は、家に戻って、その金メダルを歯でかじる事 が、私の小さな夢になりそうです。

       〈 授かった銀メダル 直径5センチ 〉               〈 参加賞の 干支ピンバッジ 〉


      


  • Posted by ボブ at 11:58Comments(0)ウォ-キング

    2016年01月03日

    縁起が良い赤富士

    平成28年が、穏やかに明けました。

    故郷を持たない私の正月は、いつも家にいて同じ行動で過ごします。

    元旦は、近くの 熊の宮神社 に初詣に出掛け、新年の家内安全・健康 を祈願しています。

    午後は初ウォ-キングとして、グリ-ンロ-ドを西に向かい、多摩湖までの約8Kmを歩きます。

    多摩湖まで歩く目的は、冬の澄んだ空に浮かぶ富士山を、人工物に邪魔されない多摩湖畔から鑑賞するためです。 元旦の午後の空は少しもやっていましたが、富士山の姿ははっきりと見え、夕日が沈む瞬間には、縁起が良い と云われる 赤富士 となりました。
    湖畔には多くの人達が来ており、この 赤富士 の瞬間を捕えようと、カメラを構えていました。

    二日は、生まれ育った場所の近くにある 東伏見稲荷神社 を、お詣りしています。
    今年は朝早目に出ましたら、神社に着くと初詣の人数は少なく、あまり待たずに初詣が出来ました。

    時間が余りましたので、神社から田無まで歩き、駅前のリビンの地下で果物を買いましたら、立派なオミクジ袋を渡されました。 家に戻って開けますと、干支の猿が付いたストラップとオミクジが入っており、オミクジは 大吉 とのお告げで、早くも 赤富士 のお蔭が現れたようです。

    大吉は凶につながるとも云われますが、今は大吉の上に大大吉があるそうですので、安心して縁起良い年と信じ込みます。

           〈 沈む太陽と富士山 〉                 〈 湖畔で赤富士を待つ人々 〉











             〈 熊の宮神社 〉                     〈 東伏見稲荷神社 〉




      


  • Posted by ボブ at 22:26Comments(0)雑記