2019年12月11日

ニックネ-ム

                      ア-カイブ記事      公開 : 2011年7月10日

ボブ」とは、1986年以来の私のニックネ-ムです。
この年、47日間オ-ストラリアに業務出張をし、現地での受け入れは、定年間近のロイド氏でした。 初日に「これからお互いにニックネ-ムで呼び合うので、君のニックネ-ムを言いなさい。」と、言われました。

私の名前はノブオですので、「“Nobu”にします。」と伝えたところ、ロイド氏は「“Nobu ”はだめだ。
同じ発音の“Knob”(隠語あり)と取られ、笑われる。」と、教えてくれました。
何にするか迷っていると、彼は「“Nobu”の替わりに“Bob”が良いのでは?」と提案してくれました。

Bob”は、ノブの発音に近いのと、Robert の子供時代の呼称と知り、とても良いニックネ-ムと  気に入りました。 しかし、2~3日の間は、ロイド氏より“Bob! ”と呼ばれても、自分と思わずに
返事をせず、ロイド氏によく笑われたものでした。

この年は、地球にハレ-彗星が最接近し、特に南半球での観測がベストでしたので、
日本からJALの特別便で、多くの観光客が訪れていました。

休日には、彼の別荘に招かれ、夕方の野生のカンガル-見物、夜は特別仕立ての干し草ベッド・  毛布・双眼鏡を用意してもらい、明け方が一番良く見える彗星観測を楽しませてもらいました。
また、帰国のフライトでは、JALのオファ―でファ-ストクラス替えとなるなど、楽しい多くの思い出が重なっています。

追記 : 2019年12月12日
私が、ボブというニックネ-ムをもらい、33年も過ぎていました。
このブログに、当時の写真を貼り付け、いつでも手軽に懐かしく見ることが出来ています。

   〈定宿のオ-ルド メルボルン ホテル〉            〈メルボルンでよく乗ったトラム〉






  



   〈公園の生大木にウッドカ-ビング〉           〈元二輪世界チャンピオンに招かれて〉







  


     〈休日に泳いだ郊外の海岸〉             〈延々と続いたグレ-ト・バリア・リ-フ〉










            〈 休日に乗った Puffing (パッパと煙り吐く) Billy 号 〉


  


  • Posted by ボブ at 17:54Comments(0)ブログ