2019年11月30日

秋川日帰りの旅

昨日(11月29日)は久しぶりの青空で、秋川の紅葉を見たくなり、日帰りの旅をしてきました。

午前中の行程:
小平駅(9時28分) → 拝島(9時50分) →   JR線乗換え  拝島(10時6分) → 武蔵五日市
(10時23分着) → 西東京バス(10時35分発) → つるつる温泉(11時)

小平駅で電車に乗ってわずか1時間半で、目的の一つ 生涯青春の湯 ひので 三ツ沢 つるつる
温泉
に行き着けました。

柔らかな泉質の露天風呂にのんびりと浸り、サウナに2回も入り、すっかり体が軽くなりました。
湯から上がると 昼どきで、大食堂でビ-ルと朴葉焼き定食を頼みますと、冷えたビ-ルはサウナで汗を絞った体に、瞬く間に吸い込まれました。
リ-ズナブルな定食は、炊き込みご飯・秋川牛の朴葉焼き・湯葉・茶わん蒸しほか副菜も多く、どれも美味しく空き腹を満たしてくれました。

午後の行程:
つるつる温泉(2時発) → 武蔵五日市駅(2時25分) 西東京バス乗換 武蔵五日市(2時33分) → 十里木(3時前) 徒歩 瀬音の湯 (約10分)

十里木のバス停から歩いてすぐに 石舟橋(吊り橋) があり、秋川の観光ガイドにはこの橋辺りが
第一の紅葉スポットと紹介されていました。

この吊り橋では、多くの観光客が写真を撮っており、橋の中ほどに黄色の僧衣を着たアジア人が
おり、すれ違う際に私から サワディカップ と挨拶してみましたら、嬉しそうに サワディカップ
返事が返ってきました。

吊り橋の上流の左岸に大きなイチョウの木があり、黄葉した葉が落ち始めて地面一帯を黄色く
染めていました。 黄色の僧衣を着たタイのお坊さんも、この景色を見ていたはずで、黄色に染まった地面をどの様に感じたのか?と思いました。

瀬音の湯で土産物屋を冷やかしていると、予定していなかった帰りのバスが来ましたので、早目に
帰路につきました。

温泉と紅葉見物を手軽に楽しみ、満足できた 秋川日帰りの旅 となりました。

         〈 石舟橋(吊り橋) 〉                〈 地面を染めたイチョウの落ち葉 〉 
秋川日帰りの旅秋川日帰りの旅









      〈 つるつる温泉 大広間 の額 〉             〈 帰りに乗ったトレ-ラ-バス 〉
秋川日帰りの旅秋川日帰りの旅








  • 同じカテゴリー(外出)の記事画像
    秩父夜祭
    入間基地 航空祭
    夜高まつり(北陸旅行)
    亀戸探訪
    亀戸 香取神社
    伊勢神宮での祈り
    同じカテゴリー(外出)の記事
     秩父夜祭 (2019-12-07 18:58)
     入間基地 航空祭 (2019-11-02 07:07)
     夜高まつり(北陸旅行) (2019-06-23 14:57)
     亀戸探訪 (2019-05-21 14:32)
     亀戸 香取神社 (2019-04-11 11:05)
     伊勢神宮での祈り (2019-04-03 10:26)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    秋川日帰りの旅
      コメント(0)