2019年06月30日

映画 「長いお別れ」

3ヶ月ほど前、小平市が行った 認知症サポ-タ-養成講座 に出席し、私も可能性ある 認知症 について、学びました。

受講後に、認知症の人を支援(サポ-ト)する者の目印としての オレンジリング を与えられ、私も
認知症サポ-タ- となりました。
すでに高齢者で、近い将来に認知症の可能性を否定出来ない私が、 認知症者サポ-タ- となって良いのか?と思いましたが、これからの心掛けで 認知症 になるのを防ぐ・遅らせることで、支援する側になれたらと、思い直しました。

5月末に、認知症をテ-マにした映画 「長いお別れ 」 が封切りされ、興味を持って鑑賞しました。

もと中学校校長だった70歳の老人は、既に認知症が始まっており、彼を介護する妻・二人の娘達が直面して行く辛い時間の流れが、スト-リ-となっていました。

既に結婚し1人息子もいる長女は、夫の海外転勤に同行していますが、認知症が進む日本にいる
父親を心配しながら慣れない海外生活の中で、様々な問題にぶつかっていきます。

現地校に通う一人息子は、不登校となってしまいますが、映画の終りに学校に呼び出され、年配の
男性カゥンセラ-との対話の中で、認知症の祖父が好きだったことを、話します。

カゥンセラ-は、「認知症のことを、英語では Long Good by (長いお別れ) と云うんだよ。」と、
教えていました。

発症してからが長い認知症と向き合う時間は長いが、支える家族にとって大切な別れの時間となる、と解説にありました。

疑問に思った事は、支える家族にとって大切な別れの時間とのことですが、辛い大変な時間であり、一方 認知症の本人は時間の観念などなく、支えられていることも理解出来ないのが現実では?
でした。
             〈 オレンジリング 直径7センチ 側面にロバ3頭の絵 〉
映画 「長いお別れ」



















  • 同じカテゴリー(雑記)の記事画像
    元徴用工問題の問題
    STAY HOME !
    早い目標 到達
    明るいニュ-ス
    防災用品と云う言葉
    男も日傘
    同じカテゴリー(雑記)の記事
     元徴用工問題の問題 (2020-08-05 09:52)
     STAY HOME ! (2020-05-06 11:01)
     早い目標 到達 (2020-03-30 10:23)
     明るいニュ-ス (2020-03-20 11:13)
     防災用品と云う言葉 (2019-09-23 10:24)
     男も日傘 (2019-08-03 11:06)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    映画 「長いお別れ」
      コメント(0)