2018年12月14日

五輪ボラ愛称なぜ?

12月12日の新聞に、「 五輪ボラ愛称 来月決定 」 の記事が載りました。

五輪組織委員会は、愛称は 『 統一の呼称により、ボランティアの一体感や誇りを生み出すのが
狙い。』 と説明しています。

五輪ボランティアの愛称案は、ゲ-ムアンカ-/シティアンカ-ゲ-ムフォ-ス/シテイフォ-スシャイニングブル-/シャイニングブル-トウキョウ などの4組だそうです。

この記事を読んで、「五輪組織委員会は、オリンピックでボランティア活動を行おうとしている人々に対して、一体何を考えているのだろうか?」と考えてしまいました。

愛称案の其々は、横文字が使われていますが、ボランティア活動を行おうとしている人々が、これら横文字で呼ばれれば誇りを持つと、五輪組織委員会の人々は考えているのでしょうか?
(高い手当を貰っている五輪委員会の人々は、何かせねばと考えて、さらに無駄な経費を使っている  
 ように感じてしまいます。)

わざわざ愛称を作らなくとも、五輪・パラリンピック ボランティア として分かる識別物を供与すれば、外見からボランテシア活動を行っていることが誰もが分かり、その供与物はボランテシア活動をした方々にとって一生の記念品として残るはずと思います。

新聞記事の上部に1案として、 シャイニングブル-、集まれ!? と載っていましたが、訳の分から
ない造成英語です。 シャイニングは Shining --- 形容詞 光る、輝くの意味、 ブル-は Blue --- 名詞 青、青空 であり、シャイニングブル-とは 「輝く青空 または 光る青」 となり、意味不明です。

他案の アンカ-は Anchor --- 錨、最終走者、泳者 で、 フォ-スは Force --- 部隊、軍隊 で、ボランティア精神を持つ人々に対し不適切なたネ-ミンとなります。

いずれにしましても、五輪ボランティアの愛称として、ブル-を提案する人達は Blue 形容詞 
③.憂鬱で、悲観して の意味もあることを、勉強して知っているのでしょうか?

何でも、横文字にすれば日本人の多くは喜ぶと思い、五輪委員会が愛称を作ろうとしているなら :
I am blue. I feel blue. 「私は、(五輪ボランティアの成功を)悲観します。」

私は、外国人おもてなし語学ボランティアに登録していますが、五輪委員会が無意味な愛称を実行するならば、五輪ボランティアは辞退と考えてしまいました。








  • 同じカテゴリー(雑記)の記事画像
    将棋二段に!
    神仏にすがる
    確定申告 英語では?
    惚け予防で将棋 
    太陽の恵み
    縁起が良い赤富士
    同じカテゴリー(雑記)の記事
     将棋二段に! (2018-06-09 11:53)
     神仏にすがる (2018-05-28 12:09)
     確定申告 英語では? (2018-03-04 17:28)
     惚け予防で将棋  (2017-12-17 10:16)
     太陽の恵み (2016-01-31 11:10)
     縁起が良い赤富士 (2016-01-03 22:26)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    五輪ボラ愛称なぜ?
      コメント(0)