2018年12月10日

甘露煮作り

遊びのニジマス釣りで、釣果が少ないとガッカリですが、釣れ過ぎは処理に困ってしまうものです。

近所の人に分け差し上げる手もありますが、貰った人が好きでなかったり、調理を面倒と考える人もいますから、考えものです。

釣れ過ぎ対応として、釣ってきた日に白焼きにし、翌日から日干しを行いストックし、後日に甘露煮にして食べることを考え、11月に電気圧力鍋を購入し、甘露煮作りを試してきました。

試作を繰り返した結果、骨まで柔らかく食べられる甘露煮が美味しく出来、保存が効き常備菜になることを確認できました。

釣れ過ぎ問題が解決しましたので、先週の土曜日(8日)再び氷川国際マス釣り場に行き、今年の
納めの釣りを、楽しんできました。

釣果はニジマス22匹+ヤマメ1匹となり、帰る前に釣魚処理場で大きなニジマスは塩焼き用として
ハラワタだけ取り除き、残りは甘露煮用として頭を切り落としハラワタも除き、持ち帰りました。

甘露煮用として頭を切り落とすのは、電気圧力鍋の内径が20センチより、丸ごとのニジマスでは入り
切らないためで、釣り場で処理してくると家での処理が少なくなり楽になります。

今年も残り僅かですが、12月下旬に入りましたら、お節料理の一品として、日干しハゼも甘露煮に
し、ニジマスとハゼそれぞれの甘露煮の味比べをしてみます。

  〈 ニジマスの甘露煮 見た目は今一 〉               〈 12月8日の釣果 〉
甘露煮作り甘露煮作り




  • 同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
    ペペロンチ-ノとは!
    ペペロンチ-ノの仕上げ
    ウナギを食べたい
    ゴ-ヤ初収穫
    燻製器作り
    牡蠣の燻製作り
    同じカテゴリー(食べ物)の記事
     ペペロンチ-ノとは! (2019-11-03 21:49)
     ペペロンチ-ノの仕上げ (2019-10-11 18:38)
     ウナギを食べたい (2019-07-24 14:03)
     ゴ-ヤ初収穫 (2019-07-15 10:34)
     燻製器作り (2019-05-05 10:57)
     牡蠣の燻製作り (2019-04-20 07:25)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    甘露煮作り
      コメント(0)