2018年08月15日

ねぶた祭り 卒業

先週(8月6日~8日)、東北の夏祭り見物のツア-に参加してきました。

6日 : 東京(新幹線) 発 → 仙台 着(以降 観光バス) 発 → 秋田 着 → 竿灯祭り見物
     秋田 発 → 鹿角市八幡平 湯瀬 着 … バス走行距離 385Km 湯瀬ホテル泊
7日 : 湯瀬 発 → 青森 着 → 昼ねぶた見物青森ねぶた海上運行・花火大会見物
     青森 発 → 湯瀬 着 … バス走行距離230Km   湯瀬ホテル泊
8日 : 湯瀬 発 → 仙台 着 … バス走行距離265Km 仙台七夕まつり見物
     仙台(新幹線) 発 → 東京 着

今までに、東北の夏祭り見物に何度も出掛け、それぞれ素晴らしい夏祭りを観賞してきましたが、
ねぶたの海上運行 とはどの様なものか知りたく、今回のツア-に参加しました。

当日の青森の気温は低く、夕方に海上運行の見物席に着くと、気温は20度より下がり冷たい風が
吹き出しました。 東京で猛暑に耐えてきた私たちにとって、涼しさを越えた辛い寒さで、見物客の
ほとんどが寒さしのぎで雨合羽などを着けていました。
花火の打ち上げが佳境に入ろうとしている時に、寒さに耐えられず、途中で引き上げる人達が多く
見られました。

今回の旅では、3日間のバス移動が880Kmになり、6日・7日の夕食は4時に済ませ、祭り見物の後にバス移動となり、ホテルに着くのが深夜12時近くとなり、深夜過ぎに夜食を食べるなど不規則な行程でした。

以前は、これが東北の夏祭り見物の旅と楽しんでいましたが、高齢化が進んでいる私には、今回は疲労がどっさり溜まったのに気づかされました。

青森ねぶた祭り は、現地で3回見物出来ましたので今回で卒業とし、これからは、ゆっくり楽しめる
みちのくの旅
を自分で組み、東北の旅の良さを味わいたいと考えました。

     〈 初めて見物の昼ねぶた 〉                  〈 前日に見物の秋田竿灯
ねぶた祭り 卒業ねぶた祭り 卒業










    〈 見物席で寒さに震えた見物客 〉            〈 船に置かれ運行されるねぶた
ねぶた祭り 卒業ねぶた祭り 卒業










  • 同じカテゴリー(外出)の記事画像
    入間基地 航空祭
    夜高まつり(北陸旅行)
    亀戸探訪
    亀戸 香取神社
    伊勢神宮での祈り
    新・北斎展
    同じカテゴリー(外出)の記事
     入間基地 航空祭 (2019-11-02 07:07)
     夜高まつり(北陸旅行) (2019-06-23 14:57)
     亀戸探訪 (2019-05-21 14:32)
     亀戸 香取神社 (2019-04-11 11:05)
     伊勢神宮での祈り (2019-04-03 10:26)
     新・北斎展 (2019-03-07 11:39)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ねぶた祭り 卒業
      コメント(0)