2016年05月19日

若冲展並ばず

昨日(5月18日)、東京都美術館で開催されています「生誕300年 若冲展」を鑑賞しようと、上野に出掛けました。

  生誕300年 若冲展 … http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_jakuchu.html

今回の若冲展では、特にNHK BSなどで事前に特集番組もあって、開催されると非常に混雑する
ことが予測出来、ゴ-ルデンウィ-クを過ぎれば少しは空くのではと考え、昨日の美術館行きとした
ものでした。

昼食時間頃は、入館に並ぶ人の数も減るものと計算し、時間を見計らって美術館に着きました。

しかし、既に入館待ちの人々が延々と続き、行列そばの係の人が持つプラカ-ドには 「現在入室
まで、170分 待ちです。」 と、記されていました。

係の人は「午前中に比べると、かなり空いていますが、これからは昼食を終えて来る人達が加わり、さらに行列は長くなりますよ。」と、大声で説明していました。

170分 = 2時間50分。 昨日は好天の夏日で、このような長い時間立ち続けたら体に毒と考え、
並ぶのを止めました。

並ぶのを諦められたのは、伊藤若冲の作品を今まで3回の展示会で鑑賞出来ていた事と、あまり
混雑した会場では鑑賞の気分に浸れないと思ったからでした。

上野駅に戻る途中に、国立西洋美術館 の前を通ると、報道関係の人が回りの人々にインタビュ-
しているのが目に入りました。 この光景を見て、 「フランス人の建築家が設計したこの建造物が、
世界文化遺産に登録される見通しとなった。」と、報じられていたのを思いだしました。

 NHKニュ-ス  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160517/k10010524651000.html

この日は若冲展の成果はありませんでしたが、世界文化遺産となる建造物を写真に収め、野次馬
根性を発揮出来ましたので、上野行きが無駄にならなかったと結論しました。

*今までに、伊藤若冲の作品を鑑賞出来た展示会は、ボブのブログ「若冲がきてくれました展。」に
述べています。   http://bobtakeda.tamaliver.jp/e342362.html

      〈 170分待ちのプラカ-ド 〉              〈 国立西洋美術館 建物一部 〉





  • 同じカテゴリー(外出)の記事画像
    昭和の結婚式
    紅葉見物の旅
    久しぶりの映画
    しょうが祭り
    ねぶた祭り 卒業
    ユリ園は見頃でした。
    同じカテゴリー(外出)の記事
     昭和の結婚式 (2018-11-01 17:29)
     紅葉見物の旅 (2018-10-30 21:49)
     久しぶりの映画 (2018-09-29 13:42)
     しょうが祭り (2018-09-11 14:46)
     ねぶた祭り 卒業 (2018-08-15 10:55)
     ユリ園は見頃でした。 (2018-06-24 18:27)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    若冲展並ばず
      コメント(0)