2014年04月05日

アンリの人形

1978年に、初めてパスポ-トを取得し、会社業務でイタリ-に出張しました。

初の海外出張では、様々なハプニングを経験しましたが、まず最初に、11月8日パリに向け羽田を飛び立ったJAL便がアンカレッジに着き、トランジット時間を過ぎても飛び立とうとしなかった事でした。 

パリからロ-マ便に乗り継ぐ予定のアンカレッジでの遅れは、乗り継ぎに問題が起きるのでは?と、ハラハラさせられました。 3時間遅れで飛び立ちましたが、遅れの原因は車輪を動かす油圧系統の故障で、応急修理に時間を取られたためと、説明されました。

「本当に大丈夫か?」と思いながら、機内サ-ビスのワインを飲んだ後に寝込んでしまい、目覚めるとパリに着いている時間でした。 何時まで経っても着陸の気配はなく、やがて機内アナウンスで、「パリは濃霧 のため、旋回し霧が晴れるのを待ちましたが、燃料に制限がありますので、ロンドンに
向かいます。」と告げられました。

ヒ-スロ-空港に着くと、ロ-マに行くJAL便はなく、英国航空(BA)ロ-マ便に切り替えが必要と
分かり、やむを得ずBAのカウンタ-に行き、なんとかロ-マ便の座席を取る事が出来ました。
ようやく機内に乗り込むと、回り全てが外国人なのと、機内に漂う強い臭い(香水・葉巻・体臭など)に、外国に来ている実感がわきました。

12時間遅れでロ-マに着きましたが、ハラハラ・ドキドキの長い時間を、強いられたフライトでした。

現地での業務は12月下旬まで行って、クリスマス前の12月23日が、日本帰国の日となりました。 

帰国フライト前に、少しゆとり時間があり、ロ-マの土産物屋で時間を過ごし、土産にと買ったのが
写真のアンリの人形です。
子供の表情が愛らしい木彫りの人形で、気に入って買いましたが、これが北イタリアにある木彫り
人形製作のアンリ社の製品で、世界的に人気があるとは知りませんでした。 

初めての海外土産のアンリの人形 は、居間に置いたキュリオケ-ス に収めてあります。
この人形を見るたびに、イタリ-出張でのハプニング・トラブルも思い出されますが、それ以上に
明るいイタリ-人との仕事時間・多くの都市訪問・モルト ボ-ノ の食事などが思い出されます。

    〈 アンリ人形 少年とウサギ 〉                  〈 キュリオケ-ス内の一部 〉
アンリの人形アンリの人形



  • 同じカテゴリー(思い出・品)の記事画像
    緑のパレ-ド
    ひな人形
    巡り合わせでギフト
    貴婦人と一角獣
    同じカテゴリー(思い出・品)の記事
     緑のパレ-ド (2019-03-13 09:36)
     ひな人形 (2018-02-27 09:54)
     巡り合わせでギフト (2016-04-09 12:09)
     貴婦人と一角獣 (2013-04-03 13:41)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    アンリの人形
      コメント(0)