2013年12月23日

寝泊り あるき遍路回想

                    ア-カイブ記事            公開 : 2012年12月22日

四国八十八ヶ所霊場を歩きのみで巡る旅 を行った私にとって、歩いた日の疲れを取る寝泊りは、
最も重要だった。 良い寝泊りが得られると、翌朝は元気を取り戻せており、その日に訪れる札所に向け、気持ち良く歩き出せていた。

寝泊りの方法として、①.野宿 ②.宿などへの泊りがあり、今でも野宿を組込みながら、歩き遍路を
続けている人達がいた。 野宿は、季節により暑さ・寒さ・蚊などの問題で良く眠れない辛さと、
食事・衛生などへの準備をすれば、炊飯具・寝袋などの持参が必要となり、リュックの重さが増え、
日中に歩く時のハンデとなって大変なことだ。 
しかし、苦労は修業の一つとして、野宿を入れながら四国遍路を行う人に、何度か出合ってもいる。

今回の四国歩き遍路で、私が45泊した寝泊り宿は、成り行きで次のようになった。

①.遍路宿 11泊 … 札所を巡る遍路道に沿って在り、お遍路にとって最適の宿。減少していた。
               1泊2食料金-- 5000~6000円
②.宿 坊  1泊 … 札所の寺が、お遍路を泊める設備。宿坊を持つ寺は、4分の1くらいか?
               金剛頂寺 では、1泊2食料金 -- 6000円
        *素晴らしい設備・美味しい豪華な食事・親切な対応で、大満足。
③.一般民宿 12泊 … 一般客が使う民宿で、サ-ビス内容にレベル差があった。
               1泊2食料金 -- 5500~6500円
④.旅 館 13泊 … 観光地や、JR の駅近くなどにあった旅館。 温泉地も含まれる。
               1泊2食料金 -- 6500~8500円
       *①.~④.素泊まり -- 3000~4000円     
⑤.ビジネスホテル 8泊 … 高知・宇和島・高松など大きな都市の駅近辺で、利用出来た。
               1泊朝食料金 -- 4000~5500円
⑥.無料宿泊所 1泊 … 野宿者や、宿を取れない遍路者に提供される施設(善根宿)。
             

歩き遍路者へのバイブル地図本「四国遍路ひとり歩き同行二人」を知らず、全旅程の3分の2を
この地図本無しで歩き、寝泊りへの宿の確保にかなり苦労し、上記の結果となった。

寝泊り あるき遍路回想普段生活で、夜になれば何も考えずに寝床に就いていたが、あるき遍路に出て、寝泊りする場の有り難さ・寝泊りの大切さを、認識させられた。
原発事故で避難し不便な生活を強いられている人々・
人生の歯車が狂いホ-ムレスで路上生活をせざるを
得ない人達など、かっての眠りの場から離され、厳しい
冬の寒さに向かっている。

何もして上げられないが、それらの人々が、少しづつでも良い方向に向かえるよう、お祈りしたい。
 



  • 同じカテゴリー(四国あるき遍路)の記事画像
    四国遍路 記念日
    なぜ四国遍路に
    四国遍路大使
    バイブル あるき遍路回想
    贅沢なトンネル 四国あるき遍路回想
    親切な人々 あるき遍路回想
    同じカテゴリー(四国あるき遍路)の記事
     四国遍路 記念日 (2019-10-03 06:49)
     なぜ四国遍路に (2016-03-23 10:30)
     四国遍路大使 (2015-10-03 10:50)
     バイブル あるき遍路回想 (2014-10-23 10:07)
     贅沢なトンネル 四国あるき遍路回想 (2014-06-04 09:35)
     親切な人々 あるき遍路回想 (2014-05-24 12:14)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    寝泊り あるき遍路回想
      コメント(0)