2020年07月02日

半夏生

昨日(7月1日)、近くのス-パ-に買い物に行きましたら、店員さんが 「今日は、7月1日。半夏生タコを食べる日です。」 と、タコの販促をしていました。

植物の半夏生 は知っていましたが、「暦の 半夏生 とは? なぜタコを食べるのか?」 と、家に戻り PC で 半夏生 を、検索してみました。

すると、「半夏生 は、中国から伝わった暦 『七十二候』 の一つ で、農作業を行う上で重要な時候
です。 どんなに農作業が遅れたとしても、この時候までに田植えを終える目安とされている。」と、
解説されていました。

また石川テレビの記事には「半夏生の日 に、福井県では サバの丸焼き を食べ、関西では タコ を食べます。」 と、紹介されていました。
タコを食べる理由として、「植えた稲の苗が、タコの足のようにしっかり根付くように。との願いからと、思われます。」 と、書かれていました。

昨年の今頃に、近所の用水路の脇に 半夏生 が群生しているのを見つけ、一枝いただいて鉢に
差しておきましたら、すっかり根付きました。

PC の検索のあと、庭の鉢に一枝差した半夏生 に目をやりましたら、根付いた 半夏生 は5本もの
茎に増え若緑に茂り、一部の葉の先端を真っ白に化粧し、その傍に地味な花が付いていました。

時候の一つの 半夏生 。 今年は7月1日から5日までだそうですので、昨日食べなかったタコ を、
1日遅れの今日 晩酌の肴として食べようと思っています。

   〈 葉の先端を白くした半夏生 〉          〈 白い葉の下に穂状の花 〉


  


  • Posted by ボブ at 11:22Comments(0)植物・園芸