2020年05月19日

カッコ-飛来

毎年5月中旬ころ、 渡り鳥の カッコ- が、はるばるアジア大陸から我が家の近所(小平市仲町)に、飛来してきます。

近所に、熊野宮(くまのぐう)神社 があり、飛来したカッコ-はこの神社の古樹に羽を休め、数週間
とどまり、毎日「カッコ-、カッコ-」と、鳴き声を、聞かせてくれます。

熊野宮神社 は300余年前に、1本の巨木榎 の元に祠が建立されたのが始まりで、1本榎 は江戸時代に傍を通る青梅街道を旅する人達の、大切な目印となっていたそうです。

山里でもない小平に、アジア大陸から渡ってきたカッコ-がなぜ 熊野宮神社 で羽を休めるのか?
なぜ毎年飛来してくるのか?を考え、「江戸時代に先祖のカッコ-は巨木の1本榎を目印に飛び続け小平に着き、その記憶が子孫の カッコ-のDNA に残されているからでは?」と、想像しました。

一方、神社の古樹に羽を休めた 今年のカッコ- は、神社の境内を見下ろし参拝客がいないのに
気づき「 閑古鳥 が、鳴いている。 なぜだろう?」と、思っているのではないでしょうか?

今の日本は 緊急事態宣言 で、多くの場所・施設・店などで 閑古鳥が鳴かされており、関係者の
多くは泣いている状況です。 コロナ禍が、一日も早く収まることを願う、毎日です。

      〈 無人だった熊野宮神社 〉                 〈 3代目の武蔵野1本榎 〉





  


  • Posted by ボブ at 14:43Comments(0)思い出・品