2020年02月13日

船員が一番危ない

中国武漢市で発生した 新型コロナウィルス肺炎 から、急遽チャ-タ-機で帰国した第1便帰国者
197人全員の陰性確認のニュ-スが流れ、少し明るい気持ちになりました。

一方で、クル-ズ船「ダイアモンド・プリンセス」の 新型肺炎問題 では、乗船客の内 症状者・高齢者 だけに検査対応が行われており、次々と新たな感染者が出てきている状況です。

これは、検査人員が限られている事と、検査で陰性/陽性の判断に時間が掛かる等から、やむを
得ないように云われているようです。

今度の 新型肺炎の恐さ は、感染者であっても症状は出ず、通常の生活をおくることで、陰性の
人達を知らぬ間に感染させてしまう事です。

感染を防ぐには、感染者との 濃厚接触を避ける(2メ-トル以上離れている)事 と云われていますが、クル-ズ船の船員たちには不可能なものです。

乗船客は、ある程度の広さがある客室に滞在していますが、船員たちは船底に近い船員専用の狭い部屋(カイコ棚ベット)で過ごしており、1人2メートル以上の空間は得られないものです。

昨日のニュ-スでは、船員からも陽性者が出たと伝えられていますが、船員部屋での感染者は今後ますます増えると思えます。

問題なのは、クル-ズ船の換気はダクトで行われており、新型コロナウィルス菌が浮遊していれば
各客室と船内中に流れて行きますので、最悪のケ-ス エアロゾル感染 が加速的になるものです。

更なる問題として、船員・クル-に新型肺炎発症者が増えると、食事作り/配膳ほかのサ-ビスが
不可能になることです。 この様になってからでは、手の施しようがなくなります。

政府が、病院船の検討を行っていると伝えていますが、速やかに実現させ、途上国から働きに出てきている船員たちの命を保証して欲しいものです。

6年前、地球一周のクル-ズ船に乗り、換気ダクトから流れてくる空気から、喉風邪を何度も患った
ことが思い出されます。 (日本にいて掛かったことがない喉風邪でした。)






  


  • Posted by ボブ at 10:57Comments(0)ピ-スボ-ト体験記

    2020年02月06日

    春の訪れ フキノトウ

    昨日(2月5日)、確定申告書B表 の用紙を貰うため、小平市役所 に向かいました。

    青梅街道を歩いて行きますと、途中に農家の野菜販売スタンドがあり、摘みたての フキノトウ
    目に飛び込みました。
    毎年、春先に フキノトウ が出まわりますと、買い求め フキ味噌 を作る私は、嬉しくなり フキノトウ
    2袋を200円で買いました。 (とても安く、新鮮でした。)

    家に戻り、いつもどうりの手順で フキ味噌 作りを行い、1時間掛からずに出来上がりました。

    一昨日が立春でしたが、例年は小平の農家が フキノトウ を摘むのは三月に入ってからですので、
    今年の暖冬の賜物なのでしょう。

    昨晩は、ふろふき大根に フキ味噌 を乗せ晩酌の肴としますと、フキノトウの香り+僅かな苦みが
    とても美味しく、一ヶ月も早い春の訪れを楽しめました。

           〈 若緑が美しいフキノトウ 〉              〈 ガクを取り、軽く茹でたフキノトウ 〉











    ・茹でた フキノトウ はみじん切りし、フライパンにサラダ油をひき焦がさぬように炒めます。
    ・色付いたら、味噌+砂糖+みりんを加え弱火で炒め、ミソ全体に粘り気が出たら出来上がりです。

      


  • Posted by ボブ at 10:27Comments(0)植物・園芸