2019年12月23日

マス釣り場 独り占め

去る 10月12日 の夜半に上陸し、東日本を通過した台風19号は、各地に大きな被害を与えました。

私が釣行する 氷川国際マス釣り場 も、記録的な大雨での大濁流で、釣り場全てが流失する甚大な被害を受けていました。

約1ヶ月にわたる復旧作業により、11月下旬に釣り用の堰が築き上げられ、営業再開の運びとなり、
先週の12月21日(土)に、今年の釣り納めとして行くことが出来ました。

9時半前にマス釣り場管理事務所に入りましたが、釣り人は誰も来ておらず、広い川原にただ一人で釣りを始めました。

気温が低く、マスの喰いは悪く釣れずに帰るのでは?と予感していましたが、一投目から当たりが
あり、次々とマスが釣れてきました。
いつもは、私が釣り上げますと他の釣り師が竿を入れてきて思うように釣りが出来ないのですが、
この日は 釣り場を独り占め し、午前中は思うように竿を振り、釣りを楽しむことが出来ました。

冬季営業時間で釣り時間は短かったのですが、納竿し釣り上げたマスを数えますと 34匹 もいて、
今年一番の大漁となりました。

終わり良ければ、全て良し。 の釣行となりましたが、持ち帰ったマスをどの様に食べきるか?が、
これからの宿題となっています。(甘露煮も飽きてきましたので…。)

       〈 復旧した大岩ポイント 〉               〈 塩揉み中の一部のニジマス 〉





  


  • Posted by ボブ at 22:09Comments(0)釣り・自然遊び

    2019年12月11日

    ニックネ-ム

                          ア-カイブ記事      公開 : 2011年7月10日

    ボブ」とは、1986年以来の私のニックネ-ムです。
    この年、47日間オ-ストラリアに業務出張をし、現地での受け入れは、定年間近のロイド氏でした。 初日に「これからお互いにニックネ-ムで呼び合うので、君のニックネ-ムを言いなさい。」と、言われました。

    私の名前はノブオですので、「“Nobu”にします。」と伝えたところ、ロイド氏は「“Nobu ”はだめだ。
    同じ発音の“Knob”(隠語あり)と取られ、笑われる。」と、教えてくれました。
    何にするか迷っていると、彼は「“Nobu”の替わりに“Bob”が良いのでは?」と提案してくれました。

    Bob”は、ノブの発音に近いのと、Robert の子供時代の呼称と知り、とても良いニックネ-ムと  気に入りました。 しかし、2~3日の間は、ロイド氏より“Bob! ”と呼ばれても、自分と思わずに
    返事をせず、ロイド氏によく笑われたものでした。

    この年は、地球にハレ-彗星が最接近し、特に南半球での観測がベストでしたので、
    日本からJALの特別便で、多くの観光客が訪れていました。

    休日には、彼の別荘に招かれ、夕方の野生のカンガル-見物、夜は特別仕立ての干し草ベッド・  毛布・双眼鏡を用意してもらい、明け方が一番良く見える彗星観測を楽しませてもらいました。
    また、帰国のフライトでは、JALのオファ―でファ-ストクラス替えとなるなど、楽しい多くの思い出が重なっています。

    追記 : 2019年12月12日
    私が、ボブというニックネ-ムをもらい、33年も過ぎていました。
    このブログに、当時の写真を貼り付け、いつでも手軽に懐かしく見ることが出来ています。

       〈定宿のオ-ルド メルボルン ホテル〉            〈メルボルンでよく乗ったトラム〉






      



       〈公園の生大木にウッドカ-ビング〉           〈元二輪世界チャンピオンに招かれて〉







      


         〈休日に泳いだ郊外の海岸〉             〈延々と続いたグレ-ト・バリア・リ-フ〉










                〈 休日に乗った Puffing (パッパと煙り吐く) Billy 号 〉


      


  • Posted by ボブ at 17:54Comments(0)ブログ

    2019年12月07日

    秩父夜祭

    毎年12月3日に催行の 秩父夜祭 を、バス旅行に加わり見物して来ました。

    今まで、一度は見てみたいと思いつつ、秩父の夜の寒さを考えると二の足を踏んでいたものでした。

    今年は北陸旅行に参加し、6月15日の となみ夜高祭 の見物をし、町内それぞれの美しい山車と、それらをぶつけ合う迫力に見応えを感じ、感動してきました。

    旅行会社の宣伝パンフトの、「 専用観覧席で絢爛豪華な 秩父夜祭 + 冬花火 の見物 」 を
    読んで、 となみ夜高祭 での感動から、秩父夜祭いかばかりと、直ぐにに申し込んだものでした。

    午後1時に 立川集合・出発すると、 4時30分には 秩父に着き、バス駐車場から約10分歩いて
    専用観覧席に着きました。
    5時前に観覧席に座ると、祭り行事が始まるのが6時30分からで、時間まで座って待つか、席を立ち市内見物をしてきても良いと、云われました。

    暗さが増すと、秩父の夜気は寒さが強くなってきましたので、西武秩父駅隣りにある仲見世通りに
    行き、土産物の物色とフ-ドコ-ナ-での飲食で、時間をつぶしました。

    観覧席に戻り、6時30分になりますと祭り行事が始まり、やがて屋台(山車)が来だしましたが、屋台の提灯は暗く、静かに曳かれてゆくものでした。

    300年の伝統を守っての秩父の屋台ですので、となみ夜高祭 の現代の装飾山車と比べて見よう
    との私の考えが、間違っていました。

    バスは夜9時半に秩父を出て、宿泊地に向けひたすら走り、真夜中1時に 万座高原ホテル に着き、翌日は 軽井沢アウトレットで時間を過ごし、立川に夜7時に戻りました。

    期待外れの秩父夜祭の屋台(山車)でしたが、バス旅行より戻ると、何か宿題を済ませたような
    思いを感じていました。  

            〈 屋台(山車) 〉                    〈 屋台(山車)どう見ても暗い 〉











    となみ夜高祭
          〈 会長賞の行燈山車 〉                〈 高さ 6m 長さ 9m の行燈山車 〉


      


  • Posted by ボブ at 18:58Comments(0)外出