2019年11月28日

お酒がすすむ!

両刀使いの私ですが、自作の美味しい(手前味噌)酒肴で楽しむ晩酌は、至福の時間です。

一昨日、角上魚類 で大きさが程よく 新鮮なスルメイカ を見つけ、すぐさま買い求めました。

家に戻り、いつもの手順どおりにイカを解体し、自分好みの塩辛 を作り、昨晩は久しぶりの塩辛を
肴に晩酌を楽しみました。

ここ1年ほど、適度な大きさの スルメイカ が店頭に並ばず、塩辛を作ることが出来ずにいました
ので、出来上がりに十分な熟成を待てず、早速に酒のお供と させたものでした。

新鮮で厚みのあるイカから作った塩辛は、濃厚な旨みがたっぷりで一箸ごとに 「お酒が進んで堪ら
ない!
」 絶品もので、カツオではない イカの塩辛 が、昨晩は 酒盗 となりました。

私の塩辛作りの手順は;
①.新鮮で身が厚いスルメイカを買う。 ②.直ぐに解体し、肝を丁寧に取り出す。 ③.イカの胴体・エンペラを粗塩にまぶしておく。 ④.約1時間放置し水分を抜く。 ⑤.胴体・エンペラを短冊切りし、塩麹をまぶしておく。 ⑥.肝は粗塩にまぶし、一晩寝かせる。 ⑦. の粗塩を洗い流し、肝を日本酒に半日漬ける。 ⑧. を混ぜ合わせる。 ⑨.輪切りの鷹の爪を加え、調理は完了。 
⑩.毎日かき混ぜ、発酵を促す。 
⑪.毎日かき混ぜながら、味の変化を確かめる。 ← この毎日の味見も楽しい。

*私のポイントは、肝の処理塩麹 を、使うことです。
           
〈 出来た イカの塩辛

   〈 長さ30センチの スルメイカ 〉                  〈 日本酒で肝の油分抜き 〉



  


  • Posted by ボブ at 18:24Comments(0)食べ物