2019年09月23日

防災用品と云う言葉

9月8日未明に千葉を直撃した台風15号は、最大瞬間風速57.5 m/S を記録し、その凄まじい
破壊力で多くの建物に被害をあたえ、吹き抜けた地域の送電網が破壊され、大規模停電を引き
起こし、地域によっては2週間も未復旧の日々が続きました。

その後のTV映像で、千葉の多くの町村で屋根にブル-シ-トを被せた応急処置の民家群の光景が
報道されていますが、大切な住居を壊された方々の 無念さ・辛さ が思い知らされました。

千葉鴨川に住む弟も、屋根瓦が一部飛ばされ雨戸が動かなくなる被害と、8日未明からの断水・
停電で、しばらく不自由な日々を過ごす目に遭っていました。

この台風の後に、近所のホームセンタ-に行くと、以前に無かった大規模な 防災用品 コ-ナ- が設けられ、多くの 品々 が並べられていました。  並べられた商品は、被災後に使われる品物が
ほとんどで、これを見て 防災用品コ-ナ- の表示は、間違っていると思いました、

防災とは、文字どうりに 災害を防ぐ事 です。 現実的に、防災用品コ-ナ-に並べられた商品では災害を防ぐ事が出来ないのは明らかですから、防災用品とは呼べないものです。

普段は使わず、被災した非常時に必要となり使う商品 を扱うなら、非常時用品売り場(コ-ナ-)とすべきと思いました。

我が家では、非常時対応品を常に用意・備蓄していますが、今一度の見直しを行いました。

かっては、 天災は、忘れたころに、やって来る。(寺田寅彦) でしたが、地球温暖化などの影響で、
災害は、忘れぬ内に、やって来る。 時代となっています。

     〈 非常時に使う骨董ランタン 〉             〈 手動充電のLEDライト 優れもの 〉





  


  • Posted by ボブ at 10:24Comments(0)雑記

    2019年09月04日

    ハゼ釣り

    9月2日(月)に、今年初めてのハゼ釣りに、行ってきました。

    釣りは 「フナに始まり、フナに終わる。」 と云われますが、私の場合は子供の頃にハゼで釣りを
    始めたことと、正月のオセチに自分で釣ったハゼで作る甘露煮を必ず加えていますので、秋に入り
    ますと、ハゼ釣りに何時行こうか?と、ソワソワし出すものです。

    ここ数年は、浦安駅からバスに乗り15分で着く若潮公園で降り、歩いて15分ほどの境川テラス
    ハゼ釣りを行っています。 (小平駅9時発で、釣り場には11時に着きます。)

    この日は干潮時刻が昼過ぎで、釣り条件としては良くなく、そのせいか釣り場には数人の釣り人しか
    見当たりませんでした。
    持参のエサで釣り始めますと30分経つてもアタリが全くなく、対応として近くにある釣り餌屋に行き 餌は何が良いか?尋ね、お勧めのジャリメ を買いました。

    釣り場に戻り、ジャリメで釣りを始めますとアタリが出始め、ポツポツと釣れだしました。
    12時が過ぎますと、潮は更に引いて行き、太陽の日差しは益々強くなり肌を刺す痛みを感じるようになりました。 気が付くと釣り人は一人も居なくなっていました。

    私は、正月のオセチに加える甘露煮用のハゼの調達が MUST でしたので、2時半まで頑張り続け
    30匹となって納竿としました。

    翌日、白焼きしたハゼを、網カゴに入れ天日干しにしましたので、オセチに加えるハゼ甘露煮作りは O.K.となりましたが、テンプラ分まで回りませんでしたので、もう一度出掛けるつもりです。

        〈 甘露煮サイズのハゼ30匹 〉               〈 釣り人ゼロの境川テラス 〉









      


  • Posted by ボブ at 10:37Comments(0)釣り・自然遊び