2019年05月21日

亀戸探訪

先週の水曜日(5月15日)に 亀戸香取神社 に出掛け、4月26日の将棋大会優勝のお礼参りを
してきました。
この神社はスポ-ツの神社として知られ、スポ-ツで勝つ・病気に勝つ・自分に勝つ の目的で
参拝・祈願されますが、池江璃花子さんの病気平癒を祈念した額が、掛けられていました。

お参りの後、前回訪れた時に入手した 亀戸かいわい ぶらりマップ を頼りに 亀戸天神社 を訪れ
参拝し、ご朱印も頂きました。

この神社には程よい大きさの池があり、池を渡る赤い太鼓橋は美しく、多くの観光客がこの橋を入れ神社の写真を撮っていました。
池のそばの大きな藤棚は、花の時期は終わり、青々と葉を茂らせていました。

JR亀戸駅に戻る途中で、蔵前橋通りと明治通りの交差点角にある 但元いり豆店 に入り、前回に
買わなかった豆類を土産に求めました。

次に 青山餃子房 で遅い昼食としましたが、麻婆麺+餃子3個+半チャ-ハン+ザーサイ セット を頼むと、もの凄いボリュ-ムで出てきました。

セット800円の値段から、大した量ではないと思い注文したのですが、全て食べきれずに残すようになると思い食べ始めると、どの料理も美味しく残さず食べ切りました。

自家製の餃子は、今まで食べた餃子の中で一番と云えるほど美味しく、次回も又この店で食べようと思いました。

次回は、亀戸七福神 の寺社巡りを行い、昼は餃子+ビールを楽しみ、夕方近くなりましたら 地元
亀戸に愛される人情酒場
亀戸横丁 を、探訪しようと考えています。

         〈 亀戸香取神社 〉               〈 池江璃花子さんの病気平癒祈願 〉











          〈 亀戸天神社 〉                   〈 老舗の但元いり豆店 〉





  


  • Posted by ボブ at 14:32Comments(0)外出

    2019年05月05日

    燻製器作り

    以前の記事 牡蠣の燻製作り 公開の後、私の簡易燻製器 について問合せがありました。
    たいした物では有りませんが、興味ある方々へのご参考として、私の 簡易燻製器作り を、紹介
    致します。

    作るにあたり、①.火災・火傷など起こさない安全な物であること。 ②.取り扱いが簡単であること。
    ③.費用が掛からないこと。 などを、頭におきました。

    1.本体  使わなくなった パスタ茹で鍋 の下部に 空気取り入れ穴 3個をあけました。










      ・鍋の直径・深さとも 26センチ                        ・空気取り入れ穴 3個

    2.スモ-ク木材燃焼の受け皿(3.の置台)          3.燃焼カゴにスモ-ク木材盛り入れ










      ・直径16センチ 百均で108円                    ・ゴミ受けネット 直径13センチ 108円
                                      
    3.スモ-ク材に点火 バ-ナ-使用                4.食材品 置きカゴ










    ・2.3.をセットし、本体に入れ点火                  ・園芸用土フルイ 直径20センチ
                                             高さ7.5センチ 2段重ねが可

    5.スモ-ク開始 ①.燻製する食材を、 の置きカゴに乗せる。 
    ②. の燃えているスモ-ク材の状態で、本体にフタを被せ火を消すと、煙が大発生する。
    ③.食材が乗った置きカゴを に被せ、本体のフタをずらせて被せ、スモ-キングをスタ-ト。
                        (底部3穴から、フタ上部に空気煙の流れ作り)
    ④.牡蠣の場合、10分で裏返しを行い、更に10分スモ-キングして出来上がった。

    熱燻 本体をカセットコンロに乗せ点火し、外底部も加熱を行う 熱燻法 で行っています。 

    *スモ-ク材 伐採された桜の枝を拾ってきて、皮をむき乾燥させた後、2センチほどのピ-スに 
            切って、使っていますのでお金がかかりません。

    *この簡易燻製器一式は、小さなダンボ-ル箱1個に収まり、手軽に使えています。

    ◎.牡蠣を食べる季節が終り、今月からタマゴ・ウズラタマゴ・竹輪などを燻製にし、どれも美味しい
      燻製は、良い酒の肴になっています。
      


  • Posted by ボブ at 10:57Comments(0)食べ物