2019年03月21日

ハズキル-ペを使う

一昨日(3月19日)、氷川国際マス釣り場に行き、今年初めてのニジマス釣りをしてきました。

昨年は、このマス釣り場に4回通い、平均で25匹釣っており、釣果的には満足していました。

しかし、毎回の釣果の陰には、釣ったマスの多くに針を呑み込まれ、外すのに難儀し外れない場合はハリスを切って、新しい針に交換するなど、厄介な作業が伴っていました。

この厄介な作業は、竿を置いて座り込み行いますが、普段のメガネを外して川原に置き、老眼鏡を
掛けてからとなりました。

厄介な作業に時間を取られるのは、釣り時間をロスすることですので、気持ち的に焦りながら行っており、作業を終え直ぐに立ち上がり老眼鏡のまま釣りを再開してしまうことが、度々でした。

最悪だったのは、針の交換を終え老眼鏡のまま立ち上がり、川原に置いた普段のメガネを踏んで
壊してしまい、釣りを終えた日でした。

今年のマス釣りにあたり、TVで宣伝されている ハズキル-ペ を購入し、呑み込まれた針の処理
作業を、楽にしようと考えました。
 
一昨日、実際に使ってみると、普段のメガネの上にハズキル-ペを被せるだけと簡単で、しかも倍率は高く良く見えますので、厄介な作業の効率はずっと良くなりました。

一昨日の釣果は、良型ニジマス30匹 で、ハズキル-ペに投資した甲斐があったと思っています。

昨年は電気圧力鍋を購入し、ニジマスの甘露煮作りが簡単に出来るようになりましたので、たくさん
釣れても、釣れ過ぎで困ることは無くなっています。

      〈 投資したハズキル-ペ 〉               〈 甘露煮作りへ 日干しマス25匹 〉
















  


  • Posted by ボブ at 14:44Comments(0)釣り・自然遊び