2019年01月26日

日本水仙と蠟梅

去年の暮から咲き出した日本水仙と蠟梅の花が、1月下旬になってもまだ花持ちしており、鼻を
近づけると其々の芳香を嗅ぎ取れます。

日本水仙は、狭い庭の事情から鉢植えにして、花の後に葉が枯れると 鉢から掘り上げ、秋になって植えなおしています。
去年の暮に咲き出した花茎の数は三本で、一昨年よりずっと減ってしまいました。 本来は植えっ
放しの方が花茎が多くなるそうですので、もう掘り上げるのは止め、今年の暮から新正月の頃、どれ程 花茎が増えるか確認してみます。

一方の蠟梅は樹勢が強く、放置しておくと大木になりますので、夏の間は何度も枝詰めを行って
います。 枝詰めしますと、その枝は全く花が付かず、枝詰めを行わなかった枝だけに花を付けて
おり、木全体に黄色の花が付く光景は見られず、二律背反の思いです。

日本水仙は、6年前の1月に千葉の鋸南町保田地区で行われていた 水仙祭り を見学した時に、
土産に鉢植えを買ったもので、以来 庭に置いた鉢で育ててきたものです。

蠟梅の方は、7年前の2月に秩父の宝登山の蠟梅 見物に出掛け、土産に30センチほどの苗木を
買ったもので、こちらの方は丈夫に育ちましたが、大きくなり過ぎないよう枝詰めに追われています。

2年前に、同じブログ名 日本水仙と蠟梅 の記事を公開していますが、この時節に我が家の狭い
庭に、日本水仙と蠟梅の花が咲きますと、昔のブログ記事も読み直したくなり、すると昔の花見旅の思い出が鮮やかに蘇ります。

今は、寒い中お金を掛けて花見旅に出掛けなくても済むような気分になるのは、老いてきた証拠かも
知れません。

*2年前の 日本水仙と蝋梅 記事 …  https://bobtakeda.tamaliver.jp/e434252.html

       〈 花数が減った日本水仙 〉                〈 枝の一部に咲いた蠟梅 〉



  


  • Posted by ボブ at 22:18Comments(0)植物・園芸

    2019年01月10日

    新春歩け歩けのつどい

    1月6日(日)に行われました、小平市主催の 新春歩け歩けの集い に、今年も参加してきました。

    9時過ぎに家を出て、集合時間前に小平市役所前に着き手続きを済ませますと、9時30分より
    市長の挨拶を皮切りに、第39回 新春 歩け歩けのつどい の式典が始まりました。

    お歴々の挨拶が済むと10時になっており、軽いストレッチの後、競技用ピストルの号砲を合図に、
    約450人の参加者は集合順に歩き出しました。

    今年は東回りコ-スで、約8Kmを歩きましたが、ふるさと村で甘酒の接待もあり、疲れを感ぜずに11時45分にゴ-ルイン出来ました。

    市役所前のゴ-ルで、いつもの様に完歩者に干支のピンバッチが配られましたが、今年は 日本で
    開催される ラグビ-のWorld Cup と来年の 東京オリンピック・パラリンピック のピンバッジ も、貰えました。

    東京オリンピックは、まだまだ先の事と思っていたものですが、ピンバッジを受け取り、東京五輪が
    もう1年半に迫ってきている現実を、思い知らされたものでした。

            〈 完歩者に配られたピンバッジ 〉           〈 式典は、市長のスピ-チから 〉









      


  • Posted by ボブ at 13:19Comments(0)ウォ-キング