2018年01月25日

ざくざくチョッパ-

ざくざくチョッパ- は、貝印 社が開発・販売の小型のみじん切り器で、便利な調理器具として新聞
記事に紹介されました。

記事には、タマネギなど野菜のみじん切りが簡単に出来、子供でも楽に扱えるとの紹介でした。

タマネギのみじん切りが簡単に出来れば、私が行うハンバ-グ作りが楽になりますので、さっそく
貝印 社のHPを開き、オンラインストアを覗きました。

オンラインストアに、多くのの商品が展示されており、ざくざくチョッパ- の価格は3,240 円でした。

3,240 円は、製造・販売会社の正価ですので、市場価格では幾らか?とネット通販社の価格を調べ
ますと、送料込みで 2,700 円とあり、さっそく注文しました。

二日後に新品の商品が届き、何か得をした気持ちがし、さっそく開梱し試しに使ってみました。

切るタマネギを入れるスペ-ス容量(180cc)が小さく、ハンバ-グ作りに必要な量を確保するには、何回も行わなければならない事が分かり、少しガッカリしました。

予め大きくくり切ったタマネギを容器に入れ、説明書どうりに押し下げましたが重くて動かず、かなりの力を入れると押し下げる事が出来、何回も続けると、少量のみじん切りが出来ました。

新聞記事に「子供でも、楽に扱える。」 とは、とても信じられない調理器具で、家人からは「そんな
物を買わないで、包丁でみじん切りにした方が、よっぽど楽よ。」と、笑われてしまいました。

タマネギのみじん切りをすると、いつも涙が伴いますので、何とか楽に出来る調理器具がないか?と思っていました。
今回も、新聞の紹介記事で飛びつき買ってしまった結果、また家人から馬鹿にされたものでした。

使用後は分解し洗浄しますが、分解すると5個のパ-ツとなり、開発者の試行錯誤が見え来て、変な関心をしている私です。

〈 ざくざくチョッパ- 高さ8センチ・直径10センチ 〉           〈 五個のパーツに分解 〉











  


  • Posted by ボブ at 15:22Comments(0)食べ物

    2018年01月11日

    歩け歩けの集い

    平成30年初めての日曜日(1月7日)に行われました、小平市主催の 新春歩け歩けの集い に、
    今年も参加してきました。

    9時過ぎ家を出て集合時間前に小平市役所前に着き、手続きを済ませますと、9時30分より市長の挨拶を皮切りに、「第38回 新春 歩け歩けのつどい」の式典がスタ-トしました。

    この式典の中で、ウォ-キング イベントへの参加記録者が表彰されますが、今回 は80回・50回
    参加の二人が、記念品を市長より手渡せられました。

    参加者の中での最高齢者は、式典檀上に呼ばれた91歳の男性で、参加者全員からの拍手を受け、嬉しそうでした。

    15分ほどの式典の後、競技用ピストルの号砲のもと、今年は西コ-スを歩き始めました。
    天候は時おり北風の薄日でしたが、歩いて暑さを感じずに済み、中間点の きつねっぱら公園
    甘酒・菓子類の接待があり、休憩とエネルギ-補給が出来、後半の道を元気よく歩き通せました。

    歩いた距離は8Kmとの事ですが、今回も2時間掛からずに、11時30分頃に市役所のゴ-ルに辿り着く事が出来ました。

    家に戻り、式典で紹介された91歳の最高齢者の参加を思い出し、最近言われるようになりました
    人生百年時代」は実際に来るように思えてきて、天寿は分かりませんが、百歳まで生きる覚悟で
    この先を過ごさねばと、心を新たにした次第です。

    早速、近所の書店に行き、「百歳人生を生きるヒント」(五木寛之)を購入し読みますと、かなりの
    覚悟を持って百歳までの準備をしなければならない事に、気付かされました。

    一方で、本の中に「70代は、人生の黄金期」の章があり、元気付けられもしました。

           〈 歩け歩けの集い 式典 〉               〈 中間点での甘酒サ-ビス 〉










             〈 竹内家の大ケヤキ 〉               〈 読んだ 五木寛之さんの本 〉






      


  • Posted by ボブ at 15:41Comments(0)ウォ-キング