2014年05月31日

四国巡りの旅

5月25日~27日に、旅行会社が募集した たのしまんと四国 3日間 のツア-に参加してきました。

四月の中旬、旅行会社の新聞折り込み広告があり、その中の四国旅行の内容を読むと、二日目の行程に 愛媛県内子町 の散策が入っていました。


前回のボブのブログ 「親切な人々 あるき遍路回想」 に述べた内子町の町並みを歩く企画であり、
ツア-に参加し内子町の月之家を再び訪れ、出来ればあのご主人に会ってみたく、ツア-参加に
申し込んでいました。

25日(日)徳島空港に着き、観光バスに乗り換えると、3日間の四国巡りの旅が始まりました。

25日 徳島空港 → ・鳴門公園 渦潮見物 ・金毘羅宮 参拝 ・道後温泉街 見歩き 道後 泊
26日 ・砥部焼 陶芸館 見学 ・内子町 白壁の町並み 散策
     ・四万十川 舟下り 沈下橋を散策 高知 泊
27日 ・高知城 見物 ・「竜馬伝」幕末志士社中 見物 ・桂浜 散策 
     ・祖谷(いや)渓 大歩危 見物  ・かずら橋 渡り → 徳島空港

26日の内子町の散策は、期待以上に良かったですが、御宿 月乃屋 を散策の帰り道に立ち寄ったところ、丁度 男性5人の客が入って来た時で、あの親切なご主人との時間は取れませんでした。 
残念でしたが、いつか再び内子町を訪れれば良いと考え直し、集合時間に合わせバスに戻りました。

今回の旅行で最も良い印象に残ったのは、高知県交通 観光バスのガイド 永井さん で、3日間の
長いバス時間を、彼女の上手な話術で名所旧跡/歴史/産物など詳しく知る事が出来、まったく
飽きずに楽しく過ごせました。
特に、四国八十八ヶ所の札所の寺の辺りを通る時は、それらの札所の案内と空海の逸話などを
話してくれ、2年前に歩き遍路を行った私にとって、懐かしく聞くことが出来ました。

タイトルの四国巡りの四国 は、阿波の国(徳島県)/讃岐の国(香川県)/伊予の国(愛媛県)/
土佐の国(高知県)を指すものですが、今回の旅では2年前に46日間使い歩いた四国の約4分の3を、わずか3日間で巡っていました。

      〈 こんぴら狗 〉                         〈 内子町 御宿 月之家 〉     











                       〈 四万十川 投網漁 〉





  


  • Posted by ボブ at 11:33Comments(0)外出