2014年03月21日

お接待あれこれ あるき遍路回想

お遍路さんへのお接待は、同行二人で共に歩く お大師さんに施しをされているもの で、お接待など
良い事を積み上げて行けば、いつかは自分にも良い事が必ず戻ってくるとの信仰から行わていると、知った。

昨年の四国あるき遍路の中で、私は様々な物・形のお接待を受けて、お接待文化を実体験した。
最も多いお接待は、遍路道を歩いていると、その土地の人が「お接待をさせて下さい。」、または
「お接待です。」と言い、飲み物・食べ物を差し出すものだった。
中には、急に家から飛び出して、お接待をしてくれる人もいて、まるでお遍路が通るのを待ち構えて
いたかのように思えた。

思い出すままに、受けたお接待を並べると;
①.お遍路宿
・宿に着くと、金剛杖 を洗ってくれた。(これは、お大師さまの足を洗って差し上げる行為。)
・洗濯機/乾燥機を、無料で使わせてくれた。(ふつう、コインで300円かかった。)
・翌日、朝の出発時におにぎり弁当を、「お接待です。」と、無料提供してくれた。
・進路/次の泊まり宿等への、親切な情報を与えてくれた。
②.ビジネスホテル
・料金は同じで、1ランク上の部屋に泊めてくれた。
・あるホテルでは、「消費税分を、お接待します。」と、割り引いてくれた。
③.お接待小屋/遍路小屋
・ある地区や個人が、お遍路への休憩所を設けてくれ、水・果物・アメなどが置かれていた。
・39番延光寺に向かう芳井のお接待小屋には、冷蔵庫や熱いコ-ヒ-・湯の入ったポットが置いて
 あり、冷たい飲み物/熱い飲み物/カップラ-メン/果物/菓子など、お遍路は好きなものを
 自由に飲食出来た。
④.車に乗せるお接待
・長い上り坂を歩いていたら、ダンプカ-が止まり、「お遍路さん、乗ってゆきなよ。」と、言ってくれた。
・11月3日、寒い向かい風の中を、52番太山寺に向かって歩いていると、通り過ぎた軽自動車が
 止まり、若く優しい女性が降りて来て、「お遍路さん、太山寺までお乗せします。」と、言ってくれた。
 *礼を言い、「私は、乗り物を一切使わない歩き遍路を行っています。」と、両方とも断っている。
⑤.トイレのお接待
・遍路道にトイレがない土地で、「お遍路さん、お使い下さい。」の貼り紙で、工場等が従業員用の
 トイレを解放していた。
⑥.コンビニストアのお接待
・高知のコンビニ「スリ-エフ」は、買い物をすると150円のペットボトル茶を、お接待してくれた。
・高知中の「スリ-エフ」は、皆同じに行い、160円のアイスを買っただけで、1本のお接待を受けた。
⑦.食べ物/飲み物のお接待
・遍路道を歩いていると、土地の人から果物/アメ/缶コ-ヒ-などを、お接待された。
・10月下旬に入ると、ミカン/柿のお接待が多くなり、1ヶ月でミカンは3年分ほど食べていた。
・11月12日、84番屋島寺に向かう途中、自転車ですれ違った若い女性が戻ってきて、「寒いので、
 お昼に暖かい物を食べる足しにして下さい。」と、500円を差し出してくれた。
 お金を受け取るのに抵抗を感じたが、お大師さんへの施しと考え直し、頂いた。
 お礼を言ってから「南無大師遍照金剛」と唱え、屋島寺で彼女の幸せを祈願した。
⑧.記念品のお接待
・折り紙細工品/テイッシュ入れ/小さな焼き物の草履・お地蔵さんなど、お接待された。
・11月14日、88番大窪寺に着いたら、中年の男性から「83歳の母が作った人形です。どうか
 お納め下さい。」と差し出された。 ご母堂は、あるき遍路結願の人に、上げるよう作っている
 との由で、有り難く頂いた。

四国あるき遍路で受けたお接待の数々を思い出すと、各土地で善根を積む心豊かな人々との触れ
合いと施しのお蔭で、無事に四国一周を歩き通せたことが分かり、感謝の念が沸いてくる。

 〈 83歳ご母堂手作りの人形、高さ5センチ 〉           〈お接待で頂いた記念品あれこれ 〉











*右写真の灰色のお地蔵さんは、77番道隆寺に向かう途中、家から飛び出してきた男性より「息子が作った、焼き物のお地蔵さんです。どうかお納め下さい。」と、頂いた。 お地蔵さんの体は、円空になっており、紙片が入っていた。 中央手前は、瓦の産地で有名な菊間町で頂いた焼物の草履。



  


  • Posted by ボブ at 09:05Comments(0)四国あるき遍路

    2014年03月13日

    お接待文化 あるき遍路回想

    マムシに注意し、イノシシに出遭わないように願い、トンネル歩きに怖さを感じた等と、あるき遍路が安全でない印象を与える回想をしてしまった。

    実際にその通りの状況に出遭ってはいるが、四国一周あるき遍路の全体において、それらはほんの
    限られた場所と時間に於いてであった。
    かっては 死出の旅 とも云われたあるき遍路は、今は 癒しの旅 と云われる様に、四国あるき遍路は安全であり、四国各地で多くの人の暖かな受け入れがあり、良い思い出が残る旅だった。

    出発前に四国遍路に関した本を何冊か読む中に、歩き遍路を行っていると、土地の人からお接待があると、書かれていた。
    それを読んで、接待の言葉の中に悪いイメ-ジが含まれる事もあり、見ず知らずの人から施しを受けるのは、あまり好ましくないと考えた私は、面倒な事と思った。

    しかし、接待に何故「」を付け、お接待と云うのかと疑問が浮かび、2010年に聴いたラジオ講座
    四国遍路を考える のテキストを、読んでみた。 (講座時は、録音しながらの聞き流し。) 

    テキストには;
    ・「お接待」とは、お遍路さんに対して一般の人が行う施し。食べ物を提供したり、遍路で使う物を
     提供したりすること。
    ・ただし、単純にお遍路さんに対する施しを意味しておらず、遍路の基本ともいえる「同行二人」の
     発想から、お大師さんと共に歩く人(金剛杖・菅笠に同行二人の文字。)に施しをすること。
    ・つまり「お接待」は、お大師さんに施しをする行為であり、施しはやがて施しをした人に戻ってくる
     という信仰になって、現在も続けられている。 ← お接待文化
    ・従って、お接待は「してあげる。」のではなく、「させていただく。」という気持ちで行われている。

    また、ある人の本で、事情があり遍路に出られない人達は、代参の願いを込めてお接待を行っているとあり、私は自分のあるき遍路において、お接待があれば素直に受ける気持ちに変わった。

    あるき遍路に出て、お接待を受け始めた頃は、「有難うございます。」と、ぎこちなく頭を下げていたが、次第にお大師さんに代わって受ける自分に慣れていった。 歩く中、「お接待です。」と言われた時は、まずお礼を述べ、次に手を合わせ「南無大師 遍照金剛(弘法大師)」と、自然に唱える事が
    出来るようになっていた。

    受けたお接待は様々で、素直に受けて歩き通した結果、元気付けられ癒やしを受けて、お蔭で
    初めての四国あるき遍路を、1回の通しで結願出来たものだった。

    色々な形と物で受けたお接待そのものについて、忘れぬ内に、別のペ-ジに書き残すようにしたい。

                          〈 衛門三郎弘法大師


    追記 : 2014年3月13日
    今朝のNHK TV あさイチ で、四国を紹介する特集番組が、ありました。
    四国遍路も紹介されており、その中で「お接待」文化が紹介され、私も受けた「お接待」を、懐かしく
    思い出していました。
      


  • Posted by ボブ at 10:22Comments(0)四国あるき遍路

    2014年03月10日

    船旅の時間

    3月7日、「船旅 地球一周」で乗船する オ-シャン ドリ-ム号 の船内見学を、行ってきました。

    2年前より2度の一般見学を行っていますが、今回は 「船旅 地球一周」 に参加するにあたっての
    確認見学でした。 寝泊りする船室の広さ・装備仕様などを確認し、長い船旅を快適に過ごすためのアイテムを想定し、それらをリストアップしてみました(ハード面の準備)。

    船旅が始まると、家に居て過ごす日常時間からガラリと変わりますので、その非日常となる日々の
    時間を如何に過ごすか?を、予め考えておかねばなりません。 さもないと、時間を浪費するだけの
    船旅に終わってしまいそうです。

    家に居て日常行う事で、船旅では行えなくなる事を、考え出してみました。

    ①.インタ-ネット … 朝起きて、まずメ-ルのチェック。 時おりのブログ記事公開。
    ②.新聞/TV … 朝食後の新聞に目を通す時間。 TVで、ニュ-スを見る時間。
    ③.料理 … 3食すべて自分で作る楽しみの時間。 献立、買い物、料理、食事それぞれの時間。
    ④.クラブ活動 … 水泳教室・英会話・将棋教室に通い、それぞれの場で゙過ごす時間。
    ⑤.趣味時間 … 園芸・釣りなどで過ごす、季節・自然との楽しい時間。

    これらを見ると、船旅に出ると云う事は、日常の楽しみが長期に亘って失われる事とも思えてきます。

    豪華客船でのクル-ジングは、盛りだくさんの行事・エンタ-ティメントが提供され、毎日飽きる事が
    ないそうですが、ピ-スボ-トの船旅ではそれらが有りません。

    105日の船旅で、寄港地に訪れる日は31日のみですので、74日間は自分の船室を中心とした
    生活となります。 この74日間をどの様に有意義に過ごすかを、計画する必要がありそうです。

    日常の楽しみが長期に亘って失われる事に反して、それ相応の価値ある時間が過ごせ、思い出が
    出来るように ソフト面での準備 も欠かせないと、船内見学の後で気づいた次第です。



      


  • Posted by ボブ at 10:27Comments(0)船旅 地球一周