2018年08月24日

ハゼ釣り下見

高齢でリタイアした知人から、「暇つぶしに釣りを考えており、手始めにハゼ釣りから始めてみたい。 どこか釣り場を教えて欲しい。」 と、云ってきました。

毎年、釣ったハゼを日干しにして、お正月が近づくと甘露煮作りをする私は、千葉 浦安の境川で
ハゼ釣りを行っており、八月最後の週あたりに釣り場へ案内する約束をしました。

釣り場状況はよく変わりますので、今年の境川の様子を知らずに案内し悪い結果となると、彼の釣りスタ-トの出鼻をくじくことになります。 と云うことで、今週22日(火)に出掛け下見をしてきました。

この日は猛暑が戻り暑く、汗をかきながら釣り場に着くと、釣り人は全くおらず、嫌な予感がしました。

近くのエサ屋に行き岩イソメを求め、エサ屋のオジイサンに 「釣り場に誰もいないけど、ハゼは釣れるの?」と尋ねますと;

彼は、「ハゼはたくさん居るけど、あまり暑い時は餌を追わないんだよ。」 「知っている釣り人は、
喰い気のないハゼを相手に、この暑い中突っ立って、釣りをする気が起きないんだろうね。」
「こっちは、商売上がったりだよ。 熱中症に気をつけて、頑張ってよ。」 と、励ましてくれました。

ジリジリと肌を刺す日差しのもとで、釣り始めますと早速にアタリ、今年生まれ育ってきたデキハゼがポツポツと釣れました。
2時間の釣りで、30匹ほど釣れましたので、来週に知人を案内しても大丈夫と確認できました。

早めに家に帰りビールを飲むと、乾ききった体には堪えられない美味しさで、その後ハゼの下処理 → 唐揚げが出来ますと、更にビ-ルが進み、下見の良い一日を実感した次第です。

   〈 釣り人がいない境川ハゼ釣り場 〉                〈 下見の釣果 〉








  • 同じカテゴリー(釣り・自然遊び)の記事画像
    ニジマスの処分
    潮干狩り 難行・苦行
    神仏にすがる
    サルボウ貝
    アサリ採れ過ぎは辛い
    竿納め
    同じカテゴリー(釣り・自然遊び)の記事
     ニジマスの処分 (2018-07-12 07:00)
     潮干狩り 難行・苦行 (2018-06-16 10:59)
     神仏にすがる (2018-05-28 12:09)
     サルボウ貝 (2017-06-26 10:32)
     アサリ採れ過ぎは辛い (2017-06-01 10:23)
     竿納め (2015-12-23 12:07)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ハゼ釣り下見
      コメント(0)