2018年06月24日

ユリ園は見頃でした。

先週の6月19日(火)は梅雨が晴れ、久しぶりに青空が見え、どこかに外出したくなりました。

先々週に放映された ところざわのユリ園が見頃 のニュ-スが頭に残っており、ユリ園見物行きを、
即座に決めました。

小平駅から、西武線を2回(小平 → 萩山 → 西武遊園地)乗り換え、目的地駅の 西武武球場前 に着きました。 2回の乗り換えでしたが30分掛からずに着け、降りた駅から ところざわのユリ園
へは、ゆっくり歩いて5分ほどでした。

園内に入ると直ぐにユリの花々が目に飛び込み、自然林に沿った進路を進むと、50種・45万株
宣伝されているユリ・ユリ・ユリの景色が続き、美しい色の様々なユリの花の変化で、目を楽しませる事が出来ました。 久しぶりの好天から、大勢の入園者が居て、人気スポットでは写真撮りの人々が重なっており、歩き抜けるのに時間が掛かりました。

この訪れた時は、スカシユリ系の早咲き種とハイブリット系の遅咲き種が程よく咲き揃って、まさに
見頃での見物が出来ました。

この ところざわのユリ園 行きでは、出掛ける間際に、ネットでアクセス・入場料などの情報を、調べました。

アクセス以外で役立ちましたのは、「シニアカップルプラン」 … 60歳以上の男女ペアで来園すると、入園料2200円(2名)+2L 記念写真400円が、合計で2000円に割引。

西武鉄道のHPより、この割引き情報が掲載されている記事のコピ-か、スマホでこの記事部分を、入場券購入窓口で提示すれば、この割引きが得られるものですが、シニア世代で IT リテラシ-
欠けると恩恵を得られないと思いました。 (コピ-持参で、割引きを得られました。)

なお、私が一番好きなユリは山百合で、山地に純白の花を美しく咲かせ、その芳香も素晴らしいものです。 しかし、今回のユリ園では山百合の花はあまり無いようで、園内にはユリの香りは殆どしま
せんでした。

丘陵地に山百合は似合いますので、このユリ園に山百合を加え51種とし、昔からの山百合を沢山
植えれば、シニア世代は更に足を運ぶものでしょう。

      〈 梅雨の晴れ間のユリ園 〉               〈 丘陵傾斜地に沢山のユリ 〉











      〈 花より ユリ根テンプラ 〉               〈 帰りに寄った山口観音の神馬 〉









  • 同じカテゴリー(植物・園芸)の記事画像
    今年もゴ-ヤ
    クレマチス花盛り
    御衣黄桜スポット
    ロウ梅 英語では?
    ナツメ酒つくり
    鹿の子ユリ 咲く!
    同じカテゴリー(植物・園芸)の記事
     今年もゴ-ヤ (2018-06-28 12:01)
     クレマチス花盛り (2018-04-26 12:15)
     御衣黄桜スポット (2018-04-18 11:27)
     ロウ梅 英語では? (2018-02-17 11:01)
     ナツメ酒つくり (2017-09-27 10:37)
     鹿の子ユリ 咲く! (2017-07-29 11:27)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ユリ園は見頃でした。
      コメント(0)