2017年12月17日

惚け予防で将棋 

物忘れが多くなり、人の名前が思い出せないなど、年相応に認知機能の劣化を、実感しています。
そのままでは、日々の生活に支障が出たり、早々と要介護の身になりそうでした。

将棋は惚け防止に役立つのではと考え、昨年4月から、国立NHK学園オ-プンスク-ルの将棋講座を受け、将棋の勉強を始めています。

講座は金曜日10時に始まり、1時間の講義のあと20分間の休憩があり、その後は講師が決める
手合わせ相手との対局があり、その勝敗結果は記録されます。

講師は、元アマチュア日本一の 日本将棋連盟 師範・6段の 内田昭吉先生 です。

毎回の講座では、定跡・手筋・詰将棋・次の一手・プロ棋士の対局棋譜・受講者の対局内容への指導などが大盤で解説され、中身が濃い教えです。

受講者同士の対局では、棋力に応じてのハンディキャップが付いた対戦となり、対戦記録が6連勝(級クラス) 8連勝(段クラス)等となると、昇級・昇段と認定されます。

昨年4月に受講を始めた私は、テスト手合わせの結果で2級でスタ-トし、半年後に1級に昇級となりました。 受講者の多くは長年続けている猛者揃いで、ハンディキャップを貰っても負けの多い成績が続きました。

今年10月に入り、落ち着いて指すように心がけますとポカ・ミスが減り、また手合わせの組合わせも良かったためか、勝ちが続くようになり、11勝3敗の成績から、私は初段の認定を受けました。

20ヶ月の時間が流れ、この間に低いレベルながら昇級・昇段が出来ましたことは、惚け防止が
出来ているように思えています。
また、将棋講座を続けていましたら、他の将棋同好会への誘いがあり、 入会しますと通常の対局
活動の他に、将棋合宿・飲み会などもあり、それらへの参加は楽しいものとなりました。

ちなみに、今年は将棋関係の忘年会が3回もあって、将棋の勉強を始めたのは正解だったと思っています。 ( 実のところ、初段認定より、忘年会3回のほうが嬉しい私なのです。)

       〈 自宅で駒ならべ 〉





  • 同じカテゴリー(雑記)の記事画像
    確定申告 英語では?
    太陽の恵み
    縁起が良い赤富士
    日本美術の超絶技巧
    お金の価値
    賀寿祝い 次も
    同じカテゴリー(雑記)の記事
     確定申告 英語では? (2018-03-04 17:28)
     太陽の恵み (2016-01-31 11:10)
     縁起が良い赤富士 (2016-01-03 22:26)
     日本美術の超絶技巧 (2015-05-21 12:08)
     お金の価値 (2014-12-13 11:48)
     賀寿祝い 次も (2014-01-23 10:44)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    惚け予防で将棋 
      コメント(0)