2017年09月04日

立ち泳ぎ 英語では?

9月1日(金)の英会話クラスでは、順番で私も英語スピ-チをすることになりました。

話題を何にするか?迷いましたが、56歳から生涯スポ-ツとして水泳を習い始め、4年後に迎えた還暦の記念として、遠泳に参加した思い出を、話しました。

実際の遠泳では、水泳教室の生徒は3列の縦隊で泳ぎ、その各外側に救命ブイを引いたコ-チが
一列となって泳ぎ、その外側に30人程乗れる船が二艘伴走したものでした。

遠泳中に、足がつって泳げなくなったり、泳ぐ気力を失せた人は、随時 船に引き上げられました。 
引き上げの間、残りの泳者全員はその場の海水中に 立ち泳ぎ で留まり、再スタ-トを待ちました。

この思い出を話す時に、 立泳ぎSTANDING SWIM と訳したところ、米国人の女性講師から TREADING WATER と直されました。

立ち泳ぎ に対し、英語では SWIM を使ず、何故 WATER なのか?と疑問に思いました。

疑問に対し講師は、「 立ち泳ぎ = TREADINNG WATER 」は、WATER (水)の中で TREADING (両足でペダルを踏む動き)を続けているもので、泳がずに立ち留まっているものですから、SWIM とはならないのです。」と説明してくれ、理解出来しました。

さらに、「 TREADING WALK という言葉があり、これは昇進などを進められない前向きに行動
出来ない
の意味があります。」と、加えてくれました。

この説明を聞いて、NHKオ-プンスク-ルで昨年4月から学んでいる将棋において、私の将棋力 は正に TREADING WALK の状態であることを、気付かせられたものでした。  






  • 同じカテゴリー(水泳)の記事画像
    日帰り水泳教室
    紅中緑一点
    同じカテゴリー(水泳)の記事
     日帰り水泳教室 (2013-09-30 14:02)
     紅中緑一点 (2013-09-13 15:14)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    立ち泳ぎ 英語では?
      コメント(0)