2017年05月03日

東北へ花見の旅

3月21日に、靖国神社のソメイヨシノ開花宣言が出て、都心が日本一早い開花地となり、今年の
桜前線が動き出しました。

毎年、各地でソメイヨシノが開花すると桜前線として伝えられ、桜前線は一ヶ月以上かけて北上し、
北海道へと向かいます。

その年の気温により、開花が早まったり遅れたりし、更に開花後に寒さが続くと花が長く持つもので、各地の桜の名所への花見旅の計画では、ベストタイミングを計るのは難しいものです。

二月に、旅行会社が募集した みちのく三大桜の競演 の広告に魅かれ、桜花の見頃に間に合うか不明のまま、お天気任せとして申し込みました。

この花見旅は催行され、3月26日~28日に、東北3県の桜名所を、訪れてきました。

3月26日 青森県 弘前公園 2600本の桜・弘前城 の見物
      ・一日前に満開宣言が出ており、雨でしたが大満足の花見となりました。 大鰐温泉泊

3月27日 秋田県 上桧木内 かたくり群生の郷 の見物
      ・密度・規模ともに日本最大級の群生地は、ちょうど見頃の開花でした。
       秋田県 角館 武家屋敷通り しだれ桜 + 桧木内川堤の桜並木 の見物
      ・桧木内川の桜は、二分咲きくらいとの情報が、早めに咲いて満開でした。 つなぎ温泉泊

3月28日 岩手県 石割桜 + 盛岡城址公園の桜 の見物
      ・いつもなら咲き終わっている桜が、咲き延び満開で、ラッキ-でした。
       岩手県 北上展勝地 北上川沿いの桜並木 の見物
      ・こちらも、本来は散っている時期なのが、今年は満開の状態で、見ごたえありました。

今回の みちのく三大桜の競演 の旅は、回りました各所の桜が満開状態で見物出来、うたい文句の内容通りで満足出来ました。

訪れた各県は、銘酒の生産地でもあり、この三日間の昼夜に美酒を頂き、飲むたびに「東北の花見+銘酒は、最高。」と、つぶやき、再訪を誓いました。

     〈 弘前城より見た枝垂れ桜 〉                〈 弘前公園のソメイヨシノ 〉        











       〈 かたくり群生の郷 〉                   〈 桧木内川土手の桜並木 〉











    〈 角館 武家屋敷通りの枝垂れ桜 〉            〈 樹齢300年超の石割桜 〉











     〈 盛岡城址公園の桜 〉                  〈 北上展勝地 舟からの桜鑑賞 〉











      〈 北上川に掛かるコイノボリ 〉              〈 昼食時に銘酒飲み比べ 〉
























  • 同じカテゴリー(外出)の記事画像
    水戸で見学
    花見のバスツア-
    おもてなし講座 受講
    入間基地航空祭
    花火大会 またも雨。
    若冲展並ばず
    同じカテゴリー(外出)の記事
     水戸で見学 (2017-04-02 22:06)
     花見のバスツア- (2017-03-04 18:18)
     おもてなし講座 受講 (2017-02-09 13:39)
     入間基地航空祭 (2016-11-01 13:49)
     花火大会 またも雨。 (2016-07-29 11:57)
     若冲展並ばず (2016-05-19 11:22)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    東北へ花見の旅
      コメント(0)