2013年05月29日

最後の晩餐は?

                      ア-カイブ記事            公開 : 2012年5月31日

日経新聞土曜版に載る「食の履歴書」は、一人の有名人に、人生における
食べ物との関わり・食への想いをインタビュ-し、特集記事とするものです。

この特集の中に、小さなコラムが二つあり、その一つが 【最後の晩餐】 です。
この 【最後の晩餐】 のコラムでは、インタビュ-された有名人が最後の晩餐を
行うならば、何をどの様に食べたいか?を、語らせます。
ある人は自分の一番の好物を挙げ、別のある人は思い出深い場所での食事を挙げる等、さまざまな答えがあり、楽しく読んでいます。

私は毎日の食事を自分で作っており、食べ物に好き嫌いは無く、食事への料理には旬の食材・新鮮な食材を使い、調味も自分好みとしますので、いつも美味しく食べています。
私の場合の【最後の晩餐】 は?と、改めて考えてみますと、「あれを食べたい。」「これも食べたい。」「こうして食べたい。」などが浮かび、答えは容易にまとまりません。

今年、入院中の先輩を見舞い、健啖家で常に飲食を楽しんでいた彼が、まったく食欲を失い、食事が出来ずにやせ細っているのを、目の当たりにしました。
見舞いの話の中で、彼は、「あれこれ食べたいと思うのだが、実際にそれらが食事に供されても、
口の中で食べ物として感じることが出来ず、飲み込むことも出来ない。」と、辛そうに話しました。

この見舞いから、【最後の晩餐】に何を食べるか?の以前に、【最後の晩餐】はいつ食べるか?
考えるべきと、私は気付きました。

新聞のコラムで問う 【最後の晩餐】 は、問われた有名人の晩年に行われるものと、考えます。
その場合、人は歳を重ねて行くと、歯の多くが失われてしまい、咀嚼に不自由し、味覚感覚も衰え、消化器官は弱って等で、今の年齢で選んだ食べ物を、【最後の晩餐】で食べても感動は得られず、
場合によっては苦痛を伴うこともあると、想像します。

一方で、災害や不条理な事故・事件等で早死にし、天寿を全うできない人生も、見られる時代です。 平均寿命まで生きられるか?、予測出来ない早死にとなるのか?は、まさに神のみぞ知るものです。

以上あれこれ考えて、私の結論は 【最後の晩餐】 は、毎月単位で行う ことにしました。
まず、すぐにも 【最後の晩餐】 を実施し、今まで無事の生涯に感謝し、 第1回目の【最後の晩餐】を楽しみます。 その後、1ヶ月が過ぎる毎に、次の 【最後の晩餐】 を行い、食への関心が失われない限り、ずっと続けて行くものです。

こうすれば、急に天に召されても、【最後の晩餐】を確実に行えていますし、次回の機会には「これも食べたい。」で 【最後の晩餐】を楽しめ、多くの計画食事の思い出が、出来て行きます。
なお、このボブ流 【最後の晩餐】では、必ずしも豪華な食事を必要とせず、何かしらテ-マがある
食事であれば良いものです。

加齢と共に食への好みが変わる、病気など体調変化で食事制限が起きて来る等も、考えられます。 
私にとって、食事は楽しみの一つですので、楽しみが続くよう健康に留意し、好みの変化も勘定に
入れ、毎月の 【最後の晩餐】 を出来る限り続け、食生活での満ち足りた思い出を、積み重ねて行きたい、との答えとなりました。

なお、私の目標とする健康長寿が実現すると、最終の【最後の晩餐】では、梅干し茶漬け+香の物 だけかも知れません。

追記 : 2013年5月29日
昨日は、上京して来た弟と東京スカイツリ-に上がって、下界の景色をたっぷりと俯瞰しました。
下界に戻って、昼は 駒形どぜう の入れ込み座敷で、弟も好きなどぜう鍋などを食べて、今月の
【最後の晩餐】としました。



  • 同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
    ゴロゴロ ゴーヤ
    潮干狩り 難行・苦行
    ざくざくチョッパ-
    クルミ割り
    ナツメ酒 色ずく
    ボジョレヌ-ボ-なぜですか?
    同じカテゴリー(食べ物)の記事
     ゴロゴロ ゴーヤ (2018-07-31 12:01)
     潮干狩り 難行・苦行 (2018-06-16 10:59)
     ざくざくチョッパ- (2018-01-25 15:22)
     クルミ割り (2017-12-08 07:10)
     ナツメ酒 色ずく (2017-11-18 15:03)
     ボジョレヌ-ボ-なぜですか? (2017-11-14 21:21)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    最後の晩餐は?
      コメント(0)