2018年01月11日

歩け歩けの集い

平成30年初めての日曜日(1月7日)に行われました、小平市主催の 新春歩け歩けの集い に、
今年も参加してきました。

9時過ぎ家を出て集合時間前に小平市役所前に着き、手続きを済ませますと、9時30分より市長の挨拶を皮切りに、「第38回 新春 歩け歩けのつどい」の式典がスタ-トしました。

この式典の中で、ウォ-キング イベントへの参加記録者が表彰されますが、今回 は80回・50回
参加の二人が、記念品を市長より手渡せられました。

参加者の中での最高齢者は、式典檀上に呼ばれた91歳の男性で、参加者全員からの拍手を受け、嬉しそうでした。

15分ほどの式典の後、競技用ピストルの号砲のもと、今年は西コ-スを歩き始めました。
天候は時おり北風の薄日でしたが、歩いて暑さを感じずに済み、中間点の きつねっぱら公園
甘酒・菓子類の接待があり、休憩とエネルギ-補給が出来、後半の道を元気よく歩き通せました。

歩いた距離は8Kmとの事ですが、今回も2時間掛からずに、11時30分頃に市役所のゴ-ルに辿り着く事が出来ました。

家に戻り、式典で紹介された91歳の最高齢者の参加を思い出し、最近言われるようになりました
人生百年時代」は実際に来るように思えてきて、天寿は分かりませんが、百歳まで生きる覚悟で
この先を過ごさねばと、心を新たにした次第です。

早速、近所の書店に行き、「百歳人生を生きるヒント」(五木寛之)を購入し読みますと、かなりの
覚悟を持って百歳までの準備をしなければならない事に、気付かされました。

一方で、本の中に「70代は、人生の黄金期」の章があり、元気付けられもしました。

       〈 歩け歩けの集い 式典 〉               〈 中間点での甘酒サ-ビス 〉










         〈 竹内家の大ケヤキ 〉               〈 読んだ 五木寛之さんの本 〉






  


  • Posted by ボブ at 15:41Comments(0)ウォ-キング