2015年06月07日

山椒チリメンのレシピ

旅先で立ち寄った道の駅で、地元作物の売り場にプラスチックの容器に入った 実山椒 が並んで
おり、迷わず2パック買いました。

最近、近所のヴェルジェ小平店にも実山椒が売られていますが、道の駅で売られていた物は緑色が鮮やかでみずみずしく、値段は4分の1と安く、嬉しい買い物でした。

買った山椒の実は、小枝から軸でつながった状態でしたので、その晩に泊った宿で、夜なべ仕事のつもりで、小枝と軸を取り除きました。

旅から戻ったその晩に、実山椒の鮮度のある内にと、少し塩を入れた熱湯であく抜きを行いました。

翌日に、山椒チリメン作りを行おうと、インタ-ネットで調べると、多くの記事があり、一つを選びそのレシピに近い調理としました。
ちりめん山椒(山椒ちりめん)の作り方 http://www.sirogohan.com/tirimensansho.html

1.材料 … ①.上乾チリメンジャコ 70g ②.あく抜き済み実山椒 大サジ 3
        ③.酒 100cc  ④.しょう油 大サジ 1.5 ⑤.みりん 大サジ 1 ⑥.砂糖 小 1
2.調理
 ①.上乾チリメンジャコを、熱湯で3分湯がき、水気を切っておく。
 ②.調味料を混ぜ、沸騰させアルコ-ルを飛ばす。
 ③.②.にチリメンジャコと実山椒を入れ、煮詰める。

実山椒のあく抜きは少しの塩入りの熱湯で茹でますが、指先で押して潰れる位の硬さが目安です。 その後に水にさらしてあく抜きをしますが、あまり長く行うと辛味が無くなるので、好みで水から上げるようにします。

今回の調理は、あく抜きの実山椒でスタ-トしましたので、約15分で出来、美味しい山椒チリメンの完成となりました。

京都の土産で買う山椒チリメンのチリメンは、細かく上品な感じですが、私は中サイズの上乾チリメンジャコを使いました。 完成品は噛み応えが少し有り、より深い味の山椒チリメンとなり満足でした。

酒の肴に合い、ご飯に乗せ食べても旨くと、1回目の調理品は瞬く間に少なくなってしまいました。

今日は、2回目の調理を行い、調味料に砂糖を加えない 酒の肴向け仕立て としました。 
今晩は、「箸が止まらない。 杯が重なる。」 晩酌になりそうです。

〈 チリメンジャコと実山椒。 ビンの実であと10回以上作れます。 〉 〈 出来た山椒チリメン 〉



  


  • Posted by ボブ at 12:20Comments(0)食べ物